札幌-その他

札幌市内いたる所でネーミングライツはなぜか 市電駅も地下鉄駅にも副名称 代表的な施設はどこ?!

札幌市電

札幌市内あちこちでネーミングライツはなぜか

2024年4月1日から札幌市電駅5駅に副名称ができます。

また、札幌地下鉄も6月から5駅をネーミングライツ販売する模様です。

そして少し前に話題になっていましたが札幌ドームもネーミングライツ販売していましたね。

なぜ、このようなことがおきているのでしょうか。

そもそも「ネーミングライツ」とは「施設の名称にスポンサー企業の社名や商品ブランド名を付与する権利のことで「命名権」あるいは「施設命名権」とよばれるものです。

施設側、企業側双方にメリットがあるため全国的にも行われています。

ネーミングライツのメリット

★施設側

・建設費用や施設の維持費を買い取り会社に一部請け負ってもらえ自治体の負担が少なくなります。

★企業側

・施設に来る人に会社名を知ってもらうことができ宣伝効果がある。

 

札幌市内で分かりやすい例をあげてみます。

札幌市民会館「カナモトホール」、真駒内屋内競技場「北海道セキスイハイムアイスアリーナ」、北海道道立総合体育センター「きたえーる」等があります。

最近ですと札幌市中央体育館が「北ガスアリーナ札幌46」となりました。

施設の名称に入ることで法人名も一緒に覚えてしまいますよね。

また、施設名は道案内の看板にもありますので視覚的にも広告効果はあります。

施設側としては広告収入による財源確保ができる取り組みとして収入を見込んでいます。

ただ、市電や地下鉄はコロナ禍による乗客数の減少や電気代高騰で厳しい経営が続いているという指標でもありますよね。

地下鉄南北線
札幌市地下鉄の南北線のみエスカレーターが少ないのはなぜ?!札幌市の地下鉄は「南北線」「東西線」「東豊線」の3経路ありますが、南北線のエレベーターが極端に少ないのはご存じでしょうか。...

2024年は市電も地下鉄も副名称あり

2024年4月1日から2025年3月31日まで、札幌市電の5駅でネーミングライツによって決まった駅の副名称ができます。

年間の契約金額もいれてみました。

西15丁目 →「なの花薬局前」→年間約53万円

西8丁目 →「ジョブキタ前」→年間約53万円

狸小路停留所が「AOAO SAPPORO前」 → 年間66万円

中島公園通が「豊平館前」→年間約40万円

山鼻19条が「あいりんく保育園やまはな園前」→年間約26万円

石山通が「SUMiTAS札幌 石山通店前」→年間約26万円

西線11条 「岡田設計本社前」→年間約40万円

札幌市電

札幌地下鉄も東西線の5駅(二十四軒・円山公園・菊水・南郷13丁目・大谷地)をネーミングライツ販売しており2024年6月から副名称をつける予定です。

地下鉄駅の年間契約金額は、駅の乗降者数によって年間100万から180万とのことです。

ゴムタイヤ地下鉄
札幌地下鉄の接近メロディ2024年3月末まで オリンピックなしでも継続してはどう?!2019年2月に始まった札幌地下鉄の接近メロディが2024年3月で終了するそうです。オリンピック招致が終了したためですが、なくてもメロディは続けたらどうかなぁと思うのは私だけ?! ご当地メロディとして残してもいいと思うのですが・・。 招致失敗と考えると致し方ないのでしょうか。...

広告事業に力をいれる公共交通機関

地下鉄に乗っているとよく見るのが、車内広告の募集や駅構内の出店の案内です。

ラッピング車両や車内を広告ジャックしている時もありますよね。

あれも交通機関の広告事業です。

また、今回の市電駅と地下鉄駅のネーミングライツは大企業だけではなく中小企業が参加できるところにもメリットがありますね。

地域貢献と考えると地元企業が手をあげますし、よい取り組みなのではないかと思います。

札幌ドームのネーミングライツは効果が大きい反面、費用も半額で年間2億5000万以上と言われているので北海道内でもそれなりの企業しか出せない金額ですよね💦

dome
札幌ドーム展望台・アート作品も見ごたえあり地上53mからの景色札幌ドームにある展望台と周辺のアート作品をご紹介します。 展望台は約53mの高さがあり60メートルもの長いエスカレーターでいくことができます。また周辺には緑がたくさんありアート作品を鑑賞することができますよ。...

まとめ

ネーミングライツは企業にとっては地域貢献におけるイメージアップが期待できますし、施設側にとっては運営資金の一部を獲得することができますね。

施設利用者や地域住民からのイメージアップは、宣伝効果はとても大きいはずです。

今回の市電の副名称は1年間なので効果があれば継続となるかもしれませんし、札幌としても駅に副名称は初めての試みなのでテスト運用という風にもとれます。

1年経って継続しなかった場合はまた案内板や車内アナウンスを変更しなくてはいけませんよね。

さて、今後どのようになっていくのか、注目していきたいと思います。

札幌市電