ホテル「ザ・ノット札幌」に宿泊 こだわりのラグジュアリー空間とレストラン「LES BOIS(レ・ボア)」で舌つづみ 2020年8月1日オープン



2020年4月にオープンした南4西3の千秋庵ビル上層階に「ザ・ノット札幌」が8月1日にオープンしました。

同日に、2階のレストラン「LES BOIS(レ ボア)」と1階のセイコーマートもオープン。

さっそく宿泊してきましたのでレポします。

千秋庵ビル20200801

ザ・ノット札幌内のこだわりの数々

地下街ポールタウンから直結で、B1階からエレベータで2階へ行くと、ピカピカのゴージャスなフロントがあります。

front

その目の前にはオシャレな暖炉やフカフカのソファ、形が様々な可愛らしいチェアがあります。

フロントの空き待ちをしているだけでも心躍ってしまいます。

暖炉 char オープン

そんなオシャレな空間にオープンお祝いの花々も彩りを添えていました。

この空間だけでもグッと心つかまれるのに、そのすぐ近くにはオシャレなバーカウンターがありつい目がいってしまいます。

バーカウンター

レストランを奥に移動すると、1つのフロアの中なのに様々な気分を味わえるような家具のこだわりに驚き。

大人数

大人数での食事ももちろんできますし、ひとりの時間やカップル等、その時々の人数やスチュエーションに合わせて座席や雰囲気を選択できるようになっています。

一人時間

そしてうれしいのは、床も天井もそしてカウンターまでも北海道産の素材でできていること。

カウンターは札幌軟石でできていますし、床や天井は北海道の木材で造られているそうです。

家具はすべて特注品です。

木テーブル

夜景をベットに寝転んで見られる贅沢なお部屋あり

ご用意していただいたのは、デラックスコーナーツインのお部屋で片側は全面ガラス張りという他のホテルにはあまりない仕様のお部屋。

デラックスコーナーツイン

昼間は札幌の山々やノルベサ観覧車が見えますし、なんといっても夜になれば夜景がベットに寝転びながらみられるという贅沢を味わえます。

テレビも寝転んで見れますよ(*´▽`*)

目の前でウインズ札幌ビルの工事中ですが、こちらが完成するとまた少し違う景色になりそうですね。

1208knot 夜景

お部屋の中にもこだわりの数々がありました。

英国王室御用達「スランバーランド社」のベットを採用しており、極上の眠りへサポートしてくれます。

実際、私は腰痛持ちなのですが腰が痛くなることなく熟睡でき効果を実感しました!

洗面所の鏡一つとっても他では見たことないような優しい丸形。

ベッドのサイドテーブルも札幌軟石を使っていました。

木材もすべて道南杉というこだわり。

コースターのデザインも北海道のアーティストを紹介しており、同じビルの1階にあるギャラリースペース「KADO」と連携して北海道のアート・自然・食等のカルチャーを発信しています。

レストラン「LES BOIS(レ ボア)」

家具にもこだわりがありますが、レストランでは食材にもこだわっていますよ。

ホテル2階にある「LES BOIS」は、道内各地から厳選した食材を使用して創意工夫した料理とスイーツを提供してくれます。

オープン日の夕食と翌朝の朝食をLES BOISでいただきました。

☆夕食

前菜とパスタを各4、5種類から選べるコースで食事

LES BOIS

左:自家製パンチェッタとバジルのショート生パスタ カサレッチェ

右:ラタトゥイユをグラスで再構築 ナス、ズッキーニ、パプリカ、トマトのクリスタルジュレ

左:パイナップルのココナッツマリネ、クミンの香りとサラミ、三つ葉とケール

右:LES BOIS特性ミートソース(ハンバーグとトマトソースをのせた生パスタ)

色鮮やかで美味しいお料理に大満足したところに、「シェフパティシエ特選本日のデザート」がきました。

デザート

デザートにパフェです♪

娘から歓喜の声(笑)

北海道浜中町のミルクを贅沢に使用したアイスクリームに新鮮イチゴが中にもたっぷり。

デザートは別腹ですから美味しく完食しましたよ。

☆朝食

前日の夕食がキレイで美味しく、朝食もとても期待して楽しみにしていました。

朝のレストランは混みあっており、8時半開始予定の朝食が9時半開始までおしてしまいました。

レストランを密にさせないためのホテルの配慮と、オープン翌日の慣れない忙しさで致し方ないと思い呼ばれるまでお部屋で1時間待機しました。

でも、待ったかいがありました!

豪華な朝食

朝食はお重になっていて「一の重」「二の重」となっています。

焼き魚はすぐそばのライブキッチンで焼かれており、こうばしい香りと美味しそうな音がしていました。

北海道産のアスパラ、トウモロコシ、北あかりを使用したポテトサラダ、縞海老、ホタテ貝等、ここでも地元の食材を使用しています。

カップルで来店している方が多かったのですが、女性の心をわしづかみ的なお料理が多いです。

お店の雰囲気は、上品な中にカジュアルさもあり女性1人でも気兼ねなく入れる感じ。

色とりどりで新鮮な道産食材を使用している美味しいお料理を堪能できます。



北海道の良さを改めて知ることができるホテル

コロナ感染拡大の影響をうけ2か月遅れてオープンした「THE Knot札幌」ですが、もちろんコロナ対策をして営業しています。

今回の宿泊時には、フロントでマスクとスプレーをいただきましたし、レストランではソーシャルディスタンスを保って席を配置しています。

食事する時に紙のマスクケースをいただき、こういう配慮もあるんだなぁと感心しました。

また、他のホテルではもう無くなってしまったところもあるようですが「さっぽろスマイルクーポン」も1人3000円分いただきました。

1階には同じく8月1日にオープンしたセイコーマートがあり、とても便利です。

セイコーマート

地下街ポールタウン直結で大通公園、狸小路もすすきのへもすぐの場所です。

8月中は、札幌の主な観光施設が無料になっています。

この機会に地元観光をしてみてはいかがでしょうか。

「ザ・ノット札幌」は建物やインテリア、食材の素材から地元で地元の良さを改めて知る・見直すことができる素敵なホテルだと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ