札幌-再開発

サッポロファクトリー前のクランク解消工事830mの直線目指す東4丁目通

サッポロファクトリー前クランク解消工事

札幌の中心部エリアは碁盤の目状になっておりわかりやすいといわれています。

でも、完璧な碁盤の目ではなく、何カ所か歪んでいる場所があります。

そのうちの一つだったサッポロファクトリー前のクランク解消工事が始まる予定です。

歩いているとそれほど不便に感じませんが、車で通られる方はどうしてこんな道路にしたんだろうと思う方もいらっしゃると思います。

マップをみてみましょう。

ファクトリー前

バスセンター前駅からサッポロファクトリーに向かう道路で、東4丁目通りにあたります。

道路が南北100m強

札幌市は歩行者環境や車道環境向上のため用地買収を何年かにわたり行い、クランク解消工事となります。

工事中



なぜクランク道路になったのか

東4丁目通りが東にずれてしまった理由は、北海道開拓使時代にさかのぼらないといけません。

1875年(明治6年)には、北1条~北4条、東1丁目から東5丁目の広範囲にかけて工業局機械製作所があったんですって。

そしてこのクランクの辺りには、貯木場という伐採された木を運んだり保管したりする池のようなものが存在したみたいです。

それを回避して街の道路整備をしたのでクランクになってしまったみたいですよ。

もう150年も前ですから埋め立てられてしまい名残はありませんが、当時の人には大切な場所だったんでしょうね。

セットバック セットバック工事

工事は2023年からの開始予定で、現在は一部がコインパーキングになっていたり囲いがされている状態です。


830mの直線目指す東4丁目通

この東4丁目通は都市計画道路として更に北に延びる予定です。

東4丁目通 幅員

この影響もあり、サッポロファクトリーを右手に過ぎTOTOの遊歩道を抜けた先にあったサッポロファクトリー第4駐車場がなくなりました。

TOTO

写真:TOTO横にある遊歩道

 

駐車場更地

現在は更地の状態ですが、オフィスビルを建築予定です。

第四駐車場跡地ビル

引用:サッポロ不動産開発株式会社

オフィスを中心とした8階建ての複合型商業・オフィスビルとして2024年8月のオープン予定。

イメージ図には計画道路もしっかり描かれていますね。

まとめ

クランクが解消され、現在二車線の所が四車線になると道路整備や利便性向上も図れます。

碁盤の目状になるとますますわかりやすく便利になりますね。

北5条まで直線道路になれば渋滞も回避できるようになりますし、札幌駅との時間的な距離も近くなります。

東4丁目通の北5条までの延長は2028年を目指しています。

歴史的な建物が多い場所ですから、そういった建物を大事にしつつ便利になっていくといいなぁと思います。

ナガヤマレスト

写真:北2東6旧永山武四郎邸