札幌都心で温泉付きのホテル 美味しい食事とあたたかい温泉でリラックス



秋冬は温泉があるホテルに宿泊してリラックス

北海道を代表する観光地、札幌。

まだ、湿度が高い日もあるものの少しずつ秋の空が感じられるようになってきました。

気温が低くなってくると、美味しいお食事とあたたかーい温泉があるホテルに惹かれませんか。

もちろん札幌市内でも定山渓温泉や旅館にいけば温泉付きの宿泊先あるのですが、札幌都心に限定すると数えられるほどです。

大浴場があるホテルは他にもたくさんありますが、今回は「札幌都心で泊まれる温泉付きのホテル」をご紹介したいと思います。



札幌都心で温泉があるホテル

☆JRタワーホテル

札幌駅隣接の最高層スパがあります。

ホテルのレベルを高く求める方向けです。

天然温泉、ジェットバス、アクアゾーンがホテル内の22階にあります。

 

「スカイリゾートスパ」の名の通り、札幌市内で一番高い位置にある温泉です。

リフレッシュゾーンでは、最高の夜景を見ながらゆったりできます。

天然温泉は、札幌駅の地下1000mから湧き出した温泉なんですよ。

スパの入場は18歳以上の方のみと制限されており、静かな環境で安らげることも魅力です。

・スパ入浴料 2,960円(1回)
・宿泊者   1,690円

☆ホテルモントレエーデルホフ札幌

ホテル14階に、札幌の絶景が一望できる本格的スパがあります。

ジェットバス・サウナ・露天風呂、人気の岩盤浴も完備。

天然温泉は、泉質:ナトリウム-塩化物泉(等張性弱アルカリ性低温泉)です。

札幌駅から徒歩7分程のホテルで普段は宿泊料金もそれなりにお高めですが、今ならタイムセール等でお安く泊まれます。

ビルの上層階に位置しており、客室はすべて16階、60m以上と札幌市内でも有数の高さを誇っています。

  • 入浴料 一般ビジター 3,000円
  • 宿泊者割引料金    1,700円

現在、スパラウンジは飲食禁止となっています(当面の間となっています)

モントレエーデルホフ札幌のレポはコチラ

☆ラ・ジェントスティ大通

大通駅から徒歩5分という札幌都心にありながら、天然温泉が楽しめます。

3階と5階で男女入れ替え制です。

3階は太い梁をめぐらす高い天井で和モダンな空間が広がっています。

和の風情も感じられ落ち着きますよ。

5階は流れ星が降り注ぐ満月のすすき林が広がっており、北海道ならではの景色とストーリーが描かれていてユニークです。

源泉100%で肌に優しい弱アルカリ性、通称美肌の湯と呼ばれる泉質。

和の要素を盛り込んでおり、視覚面でも楽しめる非日常的な空間となっています。

温泉は宿泊者のみ入れます。

狸小路はすぐの立地で観光するにはとても便利ですよ。

☆ジャスマックプラザホテル

すすきのからすぐの場所にあり、ホテルに併設している「すすきの天然温泉湯香郷」があります。

地下800mの温泉から湧出するやわらかなお湯です。

圧倒的なスケールを誇る内風呂、空を見ながらすごせる露天風呂は、都心にいることを忘れさせる空間ですよ。

毎月26日は、「風呂の日」としており、天然温泉入浴と選べる食事がセットで2500円(税別)となっています。

温泉は宿泊者ではなくても入れます。

  • 大人(中学生以上) 2,500円
  • 子供(小学生まで) 1,300円

現在はラウンジでは食事不可になっています。

☆プレミアホテルーCABIN札幌

札幌の中心部、ススキノに湧き出ている天然の温泉です。

札幌では珍しく鉄分を含む泉質の天然温泉です。

源泉かけ流しの大浴場と開放的な露天風呂、本格サウナを併設しています。

お風呂上がりはポカポカ。

冬の雪見風呂も風情がありますよ

  • 大人(中学生以上) 2,250円
  • 子供(4歳~小学生まで) 1,100円
  • 4歳未満は無料

今ならホテルの2軒隣にある昭和23年創業「うなぎ二葉」さんのうな重がお部屋まで届くプランを公式ページでやっていますよ。

☆ONSEN RYOKAN 由縁

そして2020年8月オープンしたばかりのONSEN RYOKAN 由縁。

カルルス温泉(北海道・登別市)が源泉の温泉で無色透明のお湯は湯治場としても人気です。

露天風呂・サウナ付き。

札幌軟石を使用した広々とした大浴場で、ゆっくりと入浴時間を過ごせます。

温泉やサウナは宿泊者のみ入れます。

☆スーパーホテル札幌すすきの

全国展開しているスーパーホテルは温泉付きが多いです。

2018年7月にリニューアルしたばかりで、最寄りの豊水すすきの駅からは徒1分という便利な場所にあります。

天然温泉「空沼の湯」はこじんまりとはしていますが、宿泊客のみなのでゆっくりと過ごせます。

泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性冷鉱泉)。

朝ごはんも無料ですし、コスパはとても良いです。



寒い季節が近づいていると湯煙もくもくの露天風呂はいっそう気持ちよくなってきますね。

宿泊しないと入れない温泉もあり特別感がありますが、宿泊しなくても気軽に行ける温泉も魅力的です。

旅の疲れを癒すのも良し、日ごろのストレスをリラックスして洗い流すのもよし。

定山渓まで足を延ばせば完全プライベート空間で、露天風呂付のお部屋があるホテルもありますよ。

完全に密を避けられますし、ゆっくりと贅沢な時間を楽しめますね。

もちろんお値段は張りますが、予算がある方やGOTOキャンペーンを活用して高額なホテルに泊まるのもありですね。