八軒の公務員宿舎跡で大規模宅地開発完了 景色の移り変わり



八軒公務員宿舎跡地の宅地開発が完了

2017年から進められてきた西区八軒の公務員宿舎跡地の大規模宅地開発が完了しました。

場所は、JR琴似駅から徒歩2分ほどの場所。

八軒

引用:札幌市

琴似公務員宿舎は昭和44年から平成9年まで建てられたものがあり、全部で37棟1182戸ありました。

そのうち、マップ上で赤枠の中にある老朽化が進んだ15棟が長い間国有地として放置状態で廃墟の様でした。

八軒廃墟

2016年10月に北海道財務局から拓豊開発が落札し、2017年3月から解体が開始。

2017年末には15棟すべての解体が完了し、更地状態になりました。



2017年から2020年への景色の変化

JR琴似駅に近い場所には病院とマンションが建てられましたが、その場所は2017年11月の時点では更地の状態でした。

更地

写真:2017年11月撮影

撮影:2020年9月13日撮影

こちらは、ほぼ同じ場所で撮影したものです。

4年余りの間にかなり景色がかわりました。

現在は、「クリーンリバーフィネス琴似ミッドステージ」(143戸)が2020年6月に竣工し入居済み。

坂泌尿器科病院が北区から移転し、2020年9月1日に開院したところです。



戸建て分譲宅地も完売

戸建て分譲宅地は、1工区から4工区に分けられ、最小180㎡から最大258㎡で販売。

三井ホーム、北海道セキスイハイム、スウェーデンハウス、土屋ホーム、住友林業、日本ハウスホールディングス、国木ハウス、住まいのクワザワ、スカイハウス、アトリエD、住研ハウスの11社が住宅建築を担いました。

八軒宅地開発

写真:2017年11月撮影

写真:2018年4月撮影(上記写真とは違う角度からの撮影)

八軒変貌写真

撮影:2020年9月13日撮影

1枚目と3枚目の撮影場所は遠近ありますが同じ方角を向いています。

JR琴似駅前のタワーマンションを目印にすると景色の移り変わりがわかると思います。

駅はもちろんですが、小学校、保育園、幼稚園、スーパー、病院、銀行、公園等、すべて10分圏内にしかも複数あり魅力的です。

駅近でありながら、農試公園や発寒川があり季節の移り変わりも感じられる場所です。

新旧の建物が入り混じっている景色もまた面白いです。

近くの農試公園は、土日になると公園の駐車場まで渋滞になることもあり今後は道路整備も入ってくると思います。

農試公園も2025年までに段階的に改修工事に入ります。

この地区の人気度が見極められたことで、今後は他22棟の公務員宿舎の建て替え等も注目が集まりそうです。

西区の農試公園改修工事 2020年から5年程かけて実施予定