おいなり専門店「増田いなり」が西区山の手にオープン



増田ワークスが新業態で「増田いなり」を出店

札幌市中央区で「増田うどん」を運営する「増田ワークス」が2019年9月に西区山の手に「増田いなり」をオープンしました。

「増田うどん」は、札幌市中央区にあり昼時はいつも満席。

器からはみ出る「ごぼ天うどん」が人気です。

「増田おはぎ」は、札幌市白石区にあり丸いかわいらしいおはぎが注目されて人気店になりました。

そして今回は、札幌市西区においなりさん専門店の「増田いなり」を出店です。



メニュー・店内の様子

2019年9月17日にオープンした「増田いなり」は、注目されており今日もテレビ取材が入っていましたよ。

木材を湾曲加工している建物の造形美がインパクトあります。

店内は、お寿司やさんの様・・・と思ったらおいなりさんも「お稲荷寿司」ですもんね。

こちらのおいなりさんは、俵型じゃなくて丸型なんです。

「増田おはぎ」も丸型でかわいいので、一緒に販売していたらいいのになぁ。

メニューには10種類のおいなりさんがありましたよ。

一個140円から260円は、少し高めかな。

イカスミ、パエリアは購入しなかったのですが、タコバジルはいただきましたよ^^

和風なのか洋風なのかわからず不思議な感じでした。

プレーンは売り切れになることが多いようなので、早めの時間に来店することをおすすめします。

増田うどんの魚介系だしがしみた油揚げをベースにいなりを開発したそうです。

パッケージがオシャレで手土産に最適

箱やパッケージもオシャレで、お土産にピッタリだと思いました。

家紋は、社長の増田英之さんの増田家紋なんだそうです。

もう1つのは会社のロゴ。

サイコロの様にも見えて今風ですし、家紋の文様だと格式ある様にも見えて素敵です。



まとめ

おいなりさんというと、俵型を想像してしまいますが丸型だと見た目もかわいらしく食べやすそうですね。

油揚げの中に酢飯をいれるという単純なものだからこそ、日本各地で色々な味付けや形で売られています。

寿司屋はもちろんですが、総菜店やスーパー、コンビニエンスストアでも定番商品となっていますよね。

これを少し高級な感じにしてお土産版として売り出した「増田いなり」のアイデアは良いかも。

今度、手土産に購入しようと思います。

 

★北海道札幌市西区山の手4条7丁目2-1

営業時間: 10時30分~18時(商品がなくなり次第閉店)

定休日 : 月曜・第3火曜定休