ネットカフェ&カラオケ「DiCE」が北海道初上陸、狸小路にオープン



ネットカフェ&カラオケ「DiCE」オープン

9月12日に北海道最大級のアミューズメントネットカフェ「DiCE」が札幌狸小路にOPENしました。

MEGAドンキホーテの上の階ということで行きやすいということや、e-sport施設があることから注目されています。

引用:東京ゲームショー2019 札幌狸小路店「e-sportエリアイメージ」

「DiCE」は関東を中心に全国展開しておりネットカフェで豊富な蔵書数、広々とした快適な個室ブースが特徴です。

北海道初上陸、9月いっぱいはネットカフェ・カラオケ・ダーツ・ビリヤードすべて半額という特別な機会なのでいってみました。



会員登録と入館について

来店時には会員登録が必要で、入会金が300円かかります。

でも、スマホに専用アプリをいれて登録すれば入会金はかかりません。

アプリにはお得なクーポンがついていますよ^^

店頭で登録の際は、タブレットに必要事項を入力すると仮の会員登録バーコードが表示されます。

タブレットと身分証明書を受付にもっていくと確認後に本登録となり会員証が発行されます。

ゆったりとソファに座って入力できるので、焦ることはないです。

でも、ピカピカのフロアを見ると早く入りたい感がつのります(笑)

12時過ぎに入館しましたが、受付には行列ができておりネットカフェのVIPルームは最後の一部屋でした。

館内の様子

完全個室とは聞いていましたが、防音もされておりオートロックなので荷物をおいて外出することもでき安心です。

ソフトドリンク50種類&ソフトクリーム食べ放題はもちろんですが、やはり個室が他のネットカフェと比べるとかなり広いです。

ドアが並んでいるとカラオケルームの様にも見えますが、廊下も室内も静かでキレイなのでホテルみたいですよ。

ブランケットが置いてあり、ドアの窓部分にもタオルや上着をかけることによって目隠しできるのでウレタンマットに寝転んで眠れる方なら、宿泊もできると思いますよ。

(※滞在時間13時間ごとに精算が必要と説明にありましたので注意です)

シャワールームもコインランドリーも有料であります。

部屋のパソコンメニューから食事もお酒も頼めますし、蔵書の検索も行えます。

食べ物等は持ち込みO.K.ですし、WiFiももちろんあります。

歯ブラシやバスタオルまで無料アメニティとしてありビックリしました。

マンガ好き、ゲーム好きなら時間を忘れてしまう可能性大。

静かな場所でお仕事したい人にもいいと思います。



料金について

他のネットカフェやカラオケ料金と比べるとかなり高めの設定です。

9月中は半額なのでお試ししたい方は今月中に行ってみた方がいいと思います。

ただ、同種の他店舗よりは高いですがネットカフェは「完全個室」ということがやはりポイント高いです。

壁が天井に届いていないネットカフェだと音を出さない様に気を付けたり、小声で話したりしないといけないですからね。

また、新しいのでキレイであるということとゲーミングPC等が最新でスペックが高いことなどもメリットです。

まとめ

今回はネットカフェの利用だけでしたが、同じ料金でe-sport・ビリヤード・カラオケと終日過ごせるというのがいいですね。

基本料金とパック料金がありますが、基本料金と延長料金の合計額がパック料金を上回った時には自動でパック料金に切り替わります。

全体的には他の店舗より料金が高めの設定ですが、個室ということでホテルの予約がとれなかった人が流れてくる可能性もありますね。

複数人で楽しむのもありですし、シングルルームも多かったので1人で楽しむのもありです。

また別の用途で、利用してみたいと思っています。

DiCE(ダイス)札幌狸小路本店

(MEGAドン・キホーテ札幌狸小路本店の6-7階で営業)
面積: 2,555平方メートル / 773坪
営業時間: 24時間(年中無休)
総蔵書数: 約41,100冊 / 雑誌数:約185冊

席数【合計200席】
完全個室ネットカフェ席: 128席
カラオケ席: 33席
eスポーツエリア:20席
ダーツ:12台
ビリヤード: 2台

公式ページ https://www.diskcity.co.jp/shop/sapporo/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ