札幌のおすすめ夜景スポット コロナ禍の観光資源として期待



秋の風が感じられるようになり札幌も少しずつ気温が下がってきました。

陽が落ちるのも早いので、夜景を見られる時間も増えてきます。

札幌市は3年に一度行われる一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー主催の「日本新三大夜景都市」に2015年と2018年共に「2位」に選ばれています。

2018年は第10回で札幌開催となり期待も高まっていたのですが、1位の長崎市と僅差で2位という結果に終わっています。

全国約5,542名の夜景鑑賞士による結果ですので、2位であっても夜景がキレイなことに間違いありません^^

(3位は北九州市)

札幌市内にはたくさんの夜景スポットがありますので、ご紹介していきたいと思います。



札幌市内のおすすめ夜景スポット

☆藻岩山展望台

藻岩山は言わずと知れた夜景スポットです。

車でも行けますし、札幌市電で藻岩山ロープウェイ駅まで行き登ることもできます。

夜景だけではなく朝日、夕日、青空に雲が流れているだけでもキレイに札幌の街を見渡すことができる場所です。

ロープウェイは札幌市民であれば割引があります。

でも、観光客の方もホテルや観光案内所に行くと割引券がいただけますよ。

藻岩山夜景

☆旭山記念公園

旭山記念公園はデートスポットとして知られる場所です。

公園なので入場は無料ですが、夜間は公園駐車場が閉まってしまうので注意です。

地下鉄とバスを乗り継いでいくこともできますが車でいくことがベストです。

旭山記念公園

☆大倉山ジャンプ競技場 展望台

大倉山にはスキージャンプ台の上にのぼることができます。

冬に行くとスキージャンパーの気持ちをちょっとだけ知ることができます。

寒いし高いしコワイ~。

雪があると光が反射してキレイですが、夏に行くのもオススメですよ。

夏場は21時まで、冬は17時までと営業時間が短めなので注意。

リフトでジャンプ台上まで行くのですが風が強い日は少し怖いです

(※高所恐怖症の人は注意)

大倉山夜景

☆JRタワーT38展望台

山の上まで登らなくても夜景を堪能できる場所があります。

札幌駅前のJRタワー展望台です。

札幌駅直結なので、少し時間があれば行けます。

展望室は大人750円、中・高生520円、小学生・幼児300円、3歳以下は無料です。

誕生日当日は無料となっています。

T38展望台

☆札幌テレビ塔

さっぽろテレビ塔は、大通公園内にあるので気軽に入りやすいと思います。

イルミネーションの時期は特に夜景がきれいですよ。

2020年は11月20日(金)から12月25日(金)まで札幌ホワイトイルミネーションが行われる予定です。

(点灯時間16:30~22:00)

さっぽろホワイトイルミネーション公式ページ

札幌イルミネーション、テレビ塔からの風景

札幌イルミネーション

写真:2019年さっぽろホワイトイルミネーション

☆白い恋人パーク

札幌市西区にある「白い恋人パーク」は平常時でも観光客にも人気ですが、イルミネーションの時期にはいつも以上ににぎわいます。

毎年プロジェクションマッピング等も行っていますが、2020年のイルミネーションについてはまだ公式ページでも見当たりません。

白い恋人パーク公式ページ

白い恋人パークイルミネーションバス

☆街中の夜景

イルミネーションは時期限定ですが、ずっと見られる夜景もあります。

札幌駅やすすきののネオン、テレビ塔等です。

札幌駅 すすきのネオン

テレビ塔は時期によって違う色のこともありますよ。

札幌以外にも北海道にはたくさんの夜景があります。北海道の夜景遺産公式ページ



ご存知のように2020年はコロナウィルスの影響で観光業界が大打撃を受けています。

夜景で観光地を再起させようと夜景観光コンベンション・ビューローが、毎年行っている「夜景観光士検定」を実施する予定です。

街おこしや地元観光のために興味ある方は受けてみてはいかがでしょうか。

夜景鑑賞は密にならずに楽しめるので、コロナ禍の中の観光資源としては良いかもしれませんね。