千秋庵本店ビルに「ザ・ノット札幌」ホテルが2020年4月24日オープン予定



千秋庵本店ビルにホテルオープン

新ビルを建設中だった南3西3千秋庵本店ビルがオープン間近となり、新ビル全体が見えるようになりました。

千秋庵本店ビル外観

1,2階のレンガは旧千秋庵ビルの1階部分のレンガと同様です。

旧千秋庵ビル

写真:旧千秋庵本店ビル

旧千秋庵ビルから外壁や装飾の一部を取り外して活用していて、創業時の店舗を再現したデザイン。

そしてビル上には「THE KNOT」の文字が入っています。

THE KNOT札幌

高層階は、「ザ・ノット札幌」で2020年4月24日に新しいホテルとして開業します。

その他には低層階に「セイコーマート」も出店します。

地下街ポールタウンとも直結しており、利便性は高いですね。



「ザ・ノット札幌」ホテルの特徴

「ザ・ノット」ホテルは、東京都新宿区と横浜にあり、札幌初進出となります。

特徴としては、ホテルとホステルを融合させたような宿泊形態で、客同士が気軽に交流できる新しいスタイルです。

名称の「knot」は、結び目という意味があるので人と人を結ぶホテルという名称なんですね。

 

東京、横浜共に外国人のお客様が多く、朝食ビュッフェが好評です。

札幌は、朝食は定食の様な写真が載っていたので他ホテルとは違う朝食形式かもしれません。

今なら、開業記念で特別価格で宿泊できます。

ホテルに駐車場はありませんが、周辺にいくつも駐車場があるので安心です。

札幌地下鉄 大通駅より徒歩約5分、南北線すすきの駅より徒歩約3分、東豊線豊水すすきの駅より徒歩約7分

市電も目の前から乗れ、利便性抜群ですね。



千秋庵ビルの解体から竣工まで 周辺の様子

旧千秋庵ビルが解体が始まったのが2017年11月頃です。

旧千秋庵ビル

写真:2017年11月撮影

築51年が経過して老朽化ため解体されました。

千秋庵ビル解体

写真:2018年7月撮影

2018年9月頃から新しいビルの建設が始まりました。

千秋庵本店ビル外観

写真:2020年3月撮影

解体から新ビル開業まで2年5か月かかりました。

 

周辺は、南3西4ウインズ札幌が建て替え中。

狸小路3丁目で、大型再開発が進行中です。

 

まとめ

旧千秋庵ビルは、築50年以上経っていたことや2021年に創業100周年を迎えることから新ビル建築の話が決まった模様です。

まだ千秋庵店舗のオープン日は発表されていませんが、楽しみにしていたいと思います。

「ザ・ノット札幌」は、地下街直結で同じビル内にコンビニが入っていて大通もすすきのも徒歩圏内。

観光のみならずビジネスマンにもいいですね。

THE KNOT SAPPORO 公式ページ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ