南2西5スガイディノスが新アミューズメント施設オープンへ



スガイディノスが札幌に新店舗

2019年6月に惜しまれながらも閉店したスガイディノスは、かねてから移転先をさがしていました。

旧ビルは建設から50年余りが経過して、老朽化が進んだことや娯楽の多様化で営業成績も低迷していたためやむをえない閉店でした。

でも、閉店したときには以下のようなこともかかれていました。

《今後の計画概要》
ディノスシネマズ札幌劇場、ディノスパーク札幌中央店、ディノスボウル札幌中央店共に営業を一旦終了。札幌都心にて新たな移転先を探しています。
新店舗の詳細につきましては改めてお知らせいたします。

いい場所をさがしていたんでしょうね。

南3西1旧札幌スガイビル解体、周辺と再開発も

新ディノスは狸小路5丁目(南2西5)

オープンが予定されている映画館ディノスシネマズ札幌劇場は、狸小路5丁目にある「札幌プラザ2.5」です。

2020年2月1日に契約締結ということなので、これから準備にはいることになります。

ディノスシネマは2020年6月オープン予定

映画館は、現在376席と170席の2つのスクリーンがありますが、改装して4つのスクリーンに分けてシネマコンプレックスが扱わない様な映画等を主に放映する模様です。

他店舗のディノスシネマズでは、MORIHIKOコーヒーやゴディバのチョコレートドリンク等を取り扱っており、シネコンとは違う独自の色をだしています。

札幌プラザ2.5映画館

新しいディノスのゲームセンターとなるのは2020年1月中旬に閉店してしまった南2西5の「道産食彩HUGマート」があった場所です。

HUGマートは、道産食材をあつかっているお店で私も時々足を運んでいましたが、2019年2月にオープンしたMEGAドンキホーテに客を奪われてしまったように思います。

ドンキホーテは、道産野菜の他に肉や豆腐などの日用品も安く購入でき、スーパーマーケットの脅威になるような店舗です。

HUGマートより地下街ポールタウンにも近く、市民や観光客も足が運びやすい場所にあります

札幌中心部には大きなスーパーが少ないですし、すすきのラフィラ内のイトーヨーカドーも2020年5月で閉店してしまうため今後も需要があると思われます。



HUGマートのお隣のHUGイートは、赤ちょうちんたくさんありで営業中です。

HUGイート HUGイート

 

HUGイートの営業は続け、HUGマートだった部分に3月にもゲームセンターをオープンさせる模様です。

ゲームセンターは外国人観光客の需要を見込み、キャッシュレス決済対応のクレーンゲーム機やプリクラ機等の約60台を設置予定。

地下1階と2階に映画館、1階にゲームセンターとHUGイートという形になります。



まとめ

HUGマートは、庶民的な感じで入りやすく見たことがない野菜もあり楽しかったので少し残念。

HUGイートは残るということでちょっとホッとしました。

道産野菜・肉・魚等を使用した料理があり、素朴でとても美味しい食事ができる場所です。

イートインスペースは共用席もありますので各店舗のを購入して色々食べてみるのもありです。

「トミーコージー」というサンドイッチやさんでは、札幌市内では工場以外は購入できないおかめやのパンも手にはいります。

「ばんぶう」の焼き鳥や玉子焼きもオススメです。

映画を見た後、ゲームしてHUGイートでお酒飲みながらおつまみやご飯ってちょっと魅力的♪

2020年の夏は、お一人でもグループでもこのコースいかがでしょうか^^

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

関連記事↓

「おかめや」の高級食パン-新店舗になってから1年、更に人気