大通駅西コンコースにストリートピアノが出現



ストリートピアノが大通駅に出現

札幌イルミネーションで彩られる大通公園の地下に、突然ストリートピアノが出現。

札幌市交通局が誰でも自由に弾けるグランドピアノを設置しました。

グランドピアノは12月19日から25日まで設置される予定で、毎日午前10時から午後7時の間、事前予約なしで演奏できます。

2018年に閉館した札幌芸術文化の館(旧北海道厚生年金会館)にあったピアノだそうですよ。

最高級のドイツ製グランドピアノ「スタインウェイ」。

私に価値はわからないけれど、高そう(^^;)

札幌在住の音楽好きの有志でつくる団体「さっぽろ街なかピアノ88」と市交通局が企画しました。

一息つける空間

初日の昨日は、オープニングイベントがありチェロとピアノの演奏もあり、札幌交通局の駅員さんのピアノ演奏もあったようです^^

18時頃に通りかかりましたが、たくさんの人だかりができており皆さん楽しそうでした。

仕事帰りのサラリーマンやOLが、フラッと足をとめてカバンを置きピアノを弾き始める姿はなんだかカッコイイ^^

聞いている方も癒されますし、あたたかい気持ちになります。

人通りの多い時間ではありましたが、皆さん順番に弾いており必ず拍手がありました。

金曜日の仕事終わりに笑顔になれるホッと一息つける時間をいただきました。

ストリートピアノが設置されている場所はコチラ↓




ストリートピアノの効果

日本では、東京都庁や品川駅にもあるストリートピアノですが全国各地で急速に広がっているそうです。

SNSでの盛り上がりも相乗効果を生んでいるとか。

Youtube等を見ていてもストリートピアノをめぐっている方もたくさんいますね。

公共の場で知らない人同士の中に一体感が生まれること、いつもの場所で生演奏が聞けちゃう気軽感等が人気の理由かな。

また、ピアノを独占したりせず奏者同士の思いやりがあることも微笑ましい。

また意外性といいますか、強面のお兄さんが優しい音楽を奏でたりするとそのギャップに萌えちゃう人もいたりして(笑)

みんなスマホで動画や写真を撮ったりしているので、SNSで拡散されやすいのでしょうね。

今回の大通駅でのストリートピアノ設置は、クリスマスまでの一週間ですが常時置いてもいいのかも?!



まとめ

イルミネーションを見た帰りに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

地下鉄のコンコースとはいえ、今の時期は札幌は寒いです。

ピアノを弾く方も大変でしょうね。

でも、少しの時間でも一緒に楽しめたら気持ちがあがります!

寒い札幌にほっこりする、良いイベント企画だと思いました^^

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ