札幌-その他

西2丁目大通駅直結地下駐輪場が4月1日オープン 料金や利用の仕方

南2西2丁目に地下駐輪場がオープン

2016年頃から南2西2周辺で工事が続いていた大規模な地下駐輪場が2022年4月1日にオープンしました。

西2丁目通りにはジュンク堂書店、ブックオフ、アニメイト、カナリヤ等があり人通りも多い場所です。

新しくできた地下駐輪場は手芸店カナリヤが入っているビルから、狸小路のアーケードの手前まで地下までつながっています。

カナリアは地下鉄大通り36番出口になるので、当然大通駅とも直結となります。

マップ

駐輪場の出入口は4カ所あり、スロープ2カ所、エレベーターが2カ所となります。

元ダイソーが入っていた富樫ビルは解体され建て替え中なので、その1カ所エレベータは2022年夏頃の利用開始となっています。



駐輪場のスロープの出入口

スロープの入口は、狸小路2丁目から出て左に曲がった場所にすぐとブックオフとの前の2カ所になります。

※原付はエレベータを利用して入場

B1階とB2階のそれぞれの混雑状況が表示されています。

駐輪場

非常入口から入ると右側通行で右側のスロープは下り左側は上り、となります。

上りのスロープはコンベア式になっています。

コンベア

地下は、結構深いですよ。

駐輪場深い

駐輪場の入口が見えてきました。

一時利用であれば券売機で一時利用券を購入し、入場ゲートの読み取り部分にかざします。

帰りは精算機で料金を支払ってから精算済み利用券をゲートにかざして出場という形になります。

定期券ももちろんありますので、係の方にお尋ねください。

改札

中は一般的な駐輪場と同様です。

原付自転車を含めて1300台収容できるので、空きがないということはないのではないでしょうか。

駐輪場

狸小路方面から大通駅方面に向かうと大通駅36番出口と直結している場所にでます。

駅と直結している方へは自転車を運び出すことができないので注意が必要です。

駅には自転車いけない
シェアサイクル「ポロクル」2022年4月9日(土)10時開始予定2022年シーズンのポロクル開始 札幌市内は少しずつ雪解けが進み自転車でも通れる道が増えてきました。 シェアサイクル「ポロクル」...

駐輪場のエレベータ出入口

エレベータによる出入口も2カ所ありますが、1カ所はまだ工事中で2022年の夏頃に利用開始となるようです。

そのため現在は原付の出入口はカナリアの斜め前くらいにある出入口一カ所となります。

もちろんエレベータは自転車も利用できます。

EV出入口

現在、富樫ビル跡地にビルを建設中ですが、そのビル前にもう一カ所のエレベータ入口が建設される予定です。

富樫ビル跡

4月1日から駐輪場の有料化

札幌市は今まで無料だった駐輪場を2022年4月1日から有料化しました。

放置自転車が多いことでベビーカーや車いすの方の通行を妨げたり、バスの乗降がしにくかったり、冬場の除雪の邪魔になることが多いからです。

キレイな観光都市という印象も念頭に街の景観等を考えている部分もあります。

駐輪場有料化 駐輪場定期利用

屋根のある駐輪場は1か月1500円。

屋根のない駐輪場は1か月1000円。

1日に換算すれば、地下鉄料金と比べて考えると納得いく料金ではないでしょうか。

一時利用は1回100円、原付は1回200円です。



まとめ

札幌の中心部は、たくさんの駐輪場ができ有料化されています。

そこには全国的にも毎年ワースト順位をとっている放置自転に対応するためです。

シェアサイクル ポロクルも放置自転車対策となりますが、毎年利用者が増大しているようですよ。

西2丁目の巨大な駐輪場ができたことで、放置自転車数が減ることを期待します。

大通公園駐輪場
大通公園周辺駐輪場有料化2022年4月から実施予定 放置自転車対策大通公園駐輪場2022年4月から有料化予定 札幌、大通公園周辺の駐輪場が2022年4月から有料化されます。 いままでは、札幌駅周...