苗穂駅北口再開発 アリオ札幌へ直結空中歩廊は3月開通予定 2020年11月現在



JR苗穂駅再開発

JR苗穂駅は北口、南口共にタワーマンションの建設ラッシュが続いています。

南口側は中央区、自由通路を渡った北口側は東区になります。

苗穂駅

JR苗穂駅は2018年11月に、旧苗穂駅より300mのお引越しをして新しい苗穂駅となりました。

それまでは南北を行き来するには開かずの踏切がある線路を越えなくてはいけなかったので分断状態にありましたが、苗穂駅が橋上化することにより自由通路ができ行き来がしやすくなりました。

苗穂空中歩廊



苗穂駅北口再開発

旧駅舎では南口しかなく、北口にあるアリオ札幌に行くには線路をまたぐこ線橋を通るか、遠回りしなければ行くことができませんでした。

自由通路ができたことにより、とても行きやすくなりましたよ。

更にはそこから空中歩廊ができ苗穂駅から直結になります。

苗穂駅北口模型図

北口の「ザ・グランアルト苗穂札幌ステーションタワー」はすでに最上階までできあがっており、あとはこの空中歩廊に伴う共有施設のみのように見えます。

地上27階で高さは89.45m、総戸数300個の分譲タワーマンションで、ただいま販売中です。

入居は2021年3月4日に開始予定。

グランアルト空中歩廊 グランアルト空中歩廊

苗穂駅との接続部分は、駅側からみても壁一枚はずしたら開通できそうです。

苗穂駅接続部分 駅接続部分

目の前の我汝会札幌病院もすでに診察を開始しています。

我汝会札幌病院

奥の方に「GU」の看板が見えますがそこがアリオ札幌で、この空中歩廊を通っていくと苗穂駅から直結でお天気を気にすることなく行くことができます。

苗穂空中歩廊

まっすぐではなく緩やかなカーブを描いています。

アリオ側からみた空中歩廊

写真:アリオ札幌側からみた苗穂駅と空中歩廊

2020年7月に来た時はアリオ側の空中歩廊は工事が始まったばかりで何もなかったのですが、11月現在はほぼできあがっているようです。

空中歩廊の開通時期は2021年3月頃

ザ・グランアルト苗穂札幌ステーションタワーは2021年1月29日に竣工予定で、入居が2021年3月4日開始なのでその前後には空中歩廊も開通すると予想します。

現場にあった、道路使用・占用許可表示も2021年3月31日までとありましたのでそれまでには開通するはずです。

すぐ近くのサッポロビール園へのアクセスも便利になります。

色々と変化している苗穂駅前ですが、サッポロビール園の赤レンガの建物は100年以上前から変わりません。

新旧が入り混じっているのも苗穂駅の魅力になっていくと思います。

サッポロビール煙突



関連記事↓

苗穂駅前再開発 空中歩廊が延長中 住みやすい街づくりへ 2020年7月現在