札幌ドーム内に仕切り壁検討、アリーナ・イン・アリーナとは

スポンサードリンク







屋内空間を半分に区切って稼働率を上げる?!

日本ハムファイターズが、北広島市にボールパークを建設することが決まっており完成の2023年3月前には拠点である札幌ドームを去ってしまいます。
札幌ドームの今後の経営に危機感が迫っています。

参照:札幌ドームの2016年の使用率

60.7% 日ハムファイターズ
23.8% 各種イベント
11.9% コンサドーレ札幌
6.6% ライブコンサート

そんな中で唯一札幌ドームで、5万人の座席数をすべて埋めていた嵐の解散が決まり、更に暗雲が立ち込めています。
稼働率をあげなくてはいけない札幌ドームは、屋内空間を半分に区切り2万人規模のイベントができるよう改修の検討を始めました。
2019年度に具体的な案をまとめて、札幌ドーム開業20周年の2021年実施を目指す模様です。
引用:ヤフーニュース
プロ野球で使うドーム球場を仕切って、中規模のイベントを行えるように回収するのは国内初の試みだそうです。
「アリーナ・イン・アリーナ」という言葉も初めて聞きました。
高さ50メートルほどの仮設の仕切り壁を設置し、高さ68メートルのドーム空間の7割以上を仕切れるようにする。壁は野球場として使う場合の二塁ベース付近に三塁側から一塁側へ空間を横切る形で設ける。壁はパネルと幕を組み合わせ、天井設置のワイヤなどでつるす案が有力。投資額は7億~8億円を想定している。
引用:ヤフーニュース



なぜ札幌ドームは利用が少ないのか

なぜ利用が少ないのかと言うと、使用料が高額だからです。

更に北海道内では、5万人を収容する施設は大きすぎたと考えられます。

また、交通の便がよくないことで集客率も下がります。

更にこれからの人口減で、使用していく人は一部に限られる可能性も大です。

んー、素直にいうと計画時に未来のマーケティングができていなかったか考えていなかったのではと疑ってしまいます。

 

コンサートやライブ会場に限っていうと、収容人数はダントツですがその規模のイベントというものがほぼないのが現状です。

引用:音楽会場総合サイト ライブ部

他のドームに比べて使用料も高いので、空席をつくってコンサートやライブをやるより「真駒内セキスイハイムスタイジアム」や「きたえーる」で何日かに分けてする方が採算がとれるんですね。

席が空いてガラガラに見えるのも、アーティストにとっては嫌でしょうしね。

とはいえ、総事業費は約537億円もかけてつくられた札幌ドーム、今後の経営を立て直していかなくてはいけません。

札幌ドーム、現状の稼働率

2018年3月期に発表している稼働率は74.2%です。
先に書いた通り使用率は、例年60%以上は日本ハムファイターズに依存しています。

日本ハムファイターズの1試合の使用料は約1700万円、年間約70試合の使用料の他、駐車場代・警備費・清掃費を含めると25億円を超えている計算になります。

更にドーム内の飲食店やグッズの売り上げは球団には入りません。

そこで、球団が球場の営業権を保有するボールパーク構想が持ち上がったそうです。

札幌ドーム建設の話があった1996年(平成8年)頃には、日本ハムファイターズが札幌ドームを出ていくということは想定外だったんでしょうね。

コンサドーレ札幌は、今は月に3日程の使用のみです。

やはり使用料が高額なので、段々と札幌ドームはつかわないようになっていた模様。

コンサートやライブについては、嵐は毎年3日間やっていますが、昨年は3代目JSoulBrothesが1日、関ジャニ1日、星野源も1日でした。

過去にライブを行ったアーティストはSMAP、EXILE、B’z、ミスターチルドレン、サザンオールスターズなど大物アーティストが名を連ねますが、完全に満席にしたというのは嵐だけの様です。

「真駒内アイスアリーナ」でドリカムや三代目J Soul Brothers、東方神起、Hey!Say!JUMPもライブをを行っていますし、「きたえーる」ではミスターチルドレンや福山雅治、松任谷由美、矢沢永吉とそうそうたる面々も札幌ドームは使用していません。

札幌ドーム側も努力しています!

もちろん札幌ドームも何もしていない訳ではなく、使用がない日はドームツアーをおこなっていたりトレーニングルームやキッズパークも稼働しています。

場内の売店やグッズも趣向を凝らして収益をあげています。

←小型ヘルメットカップソフトクリーム

引用:札幌ドーム

これはちょっと載せてみたかっただけですw

2012年からは「ドームオンラインリサーチ」を行っていて、来場者によるアンケートで会場の整備や快適にすごすための工夫等の工事施工を行ったりして努力はしているんです。

ただ、プロ野球の試合に匹敵する集客力のあるイベントは簡単には見つかりませんよね。



まとめ

ドームに仕切り壁をいれるだけで、7,8億かかるそうです。

経営が赤字になれば、札幌市の税金を投入することになります。

応援したい半面、そういうことに何億もの市民税を使ってほしくないなとも思ってしまいます。

2001年開業の札幌ドームは国内のドーム球場の中でも1番新しいドームです。

経営赤字で解体なんてことにならないよう祈るのみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

関連記事↓

札幌ドームが使用されない理由

スポンサードリンク