札幌のレンタルオフィスやシェアオフィスの利用 コロナ禍で需要増



レンタルオフィスやシェアオフィスの利用増

コロナ禍によりオフィスは在宅・リモートワークを取り入れるようになり、働き方が変わってきたのは周知のことですよね。

「社員がオフィスにいなくても仕事は進む」ということは、「オフィスの面積が狭くても支障がない」とか、「高い家賃を払って都心にオフィスを構えなくてもいいのでは?」という考えが広がってきています。

会社はオフィスを縮小することで賃料や社員の移動経費等のコストカットでき、社員は毎日混んでいて感染リスクが高い公共交通機関に乗らなくてもよく移動時間もなくなるというWINWINの関係ができあがってきました。

ただ、一部疑問をもっている方もおり、若年層ほど在宅ワークを歓迎している傾向があるそうです。

いままで賃貸料が高額でもオフィス環境の整備が不可欠と考えたからこそ借りていたわけですが、それを改めて見直そうとしている企業が増えてきたことはたしかです。

今後の不動産の需要は不透明ではありますが、オフィス空間はいままでとは違うものを求めてきている傾向があります。



レンタルオフィスやコワーキングスペースの拡大

そんな中で商機を見出しているのがレンタルオフィスやシェアオフィス・コワーキングスペース、貸会議室等です。

札幌市内にもたくさんの施設があり、みなさんもセミナーや説明会等で使用したことがあると思います。

三密を避けることが難しい小規模スペースのオフィスや社員のフルリモートワークが難しい企業にとっては、ネットワーク環境や机・イス・会議スペース・休憩施設等がすぐに使用できるレンタルオフィスは便利です。

サテライトオフィスとして使うことにより社員を分散させて感染リスクを減らすことができるということも利点です。

レンタルオフィスやスペースを使用することで利用頻度の少ない自社の会議室を手放してオフィスコストを削減するということもできます。

リモートワークとオフィス出社のローテーション勤務に取り組む企業もでてきていますから、オフィスよりも自宅に近い場所にサテライトオフィスがあれば自宅で作業できない時やミーティングの時のみ足を運ぶ等の需要もあります。

日本のマンション事情はコンパクト化が進んでいますので、部屋数に余裕のある住宅に暮らす人は減っている傾向です。

今後も、そのような小規模のオフィス需要が増えると予想されています。

T38展望台



札幌市内の再開発でオフィス仕様も変わるかも?!

札幌市内は札幌駅前・大通・すすきの地区各所に老朽化したビエるの建て替えが相次いで始まっています。

1972年の札幌オリンピックの頃に建てたビルが老朽化しているため同時期に建て替えのビルが多いのです。

また2030年の北海道新幹線延伸前後にあわせて建て替えるという流れもあります。

札幌駅南口前北5西1、北5西2地区はバスターミナルを備えたオフィスやホテルのタワービル。

北4西3西武跡地には、ヨドバシカメラが入るの複合商業ビル(オフィス・ホテルあり)。

北3西4第一生命ビルは、建て替え後は13階建てオフィスビルの予定。

大通駅~狸小路~すすきのでは、商業施設が中心ですが、オフィスビルもできる予定。

大通西4丁目の道銀ビルと新大通ビルの大型再開発では2024年着工予定のオフィスと商業施設の一体整備を検討中。

南2西4ピヴォや南4西4ラフィラ跡地も新しい複合ビルに生まれ変わります。

 

今までは札幌にはコールセンターをおく企業が多く広いスペースのオフィスの需要が多く、大勢がワンフロアにいる状態のオフィスが不足傾向にありました。

コロナ禍によりそういった傾向も変わってくるかもしれません。

コロナによる需要低迷のためこれから建てられる商業施設はもちろん、オフィス需要に関しても頭を悩ませていると思います。

そんな中で商機を見出しているレンタルオフィスはたくましい。

最新設備を整えたり、3部制にしてコスト削減できるように利用環境を整えたり、初期費用半額等で顧客を獲得しています。

新フロアの増床や時間貸し、エステルームやキッズルームを備えているところもあります。

札幌市内も見渡してみると多くのレンタルオフィス、シェアオフィスが様々なサービスをしていることに驚きました。