札幌-店舗等

夜パフェが昼に食べられる「パーラーエノキ」和の空間で絶品スイーツ

サンデーフロート

「パーラーエノキ」で絶品スイーツを堪能

飲んだ後の「締めのラーメン」ならぬ「締めのパフェ」が 札幌の夜の定番となり、「シメパフェ」「夜パフェ」という言葉もよく聞くようになってきました。

シメパフェの火付け役となったのが「パフェ、珈琲、酒、佐藤 」で、人気は絶えずいつも行列ができるお店です。

夜パフェの佐藤と同じパフェが昼に食べられると人気なのがサッポロファクトリーにある「パーラーエノキ」。

パーラーエノキのれん

3号館の2階に白地の暖簾にサクランボの可愛らしいマークがある和風の店舗です。

土曜日の15時頃に訪れましたが、ほぼ満席。

満席

並んでいる人がいなかったため運よくすぐに席に案内されました。

テーブル席

店内はテーブル席、カウンター席、小上がりもあり老若男女問わず入りやすい雰囲気です。

甘い物好きの男性も1人で気軽に入れると思いますよ。

「パフェ、珈琲、酒、佐藤 」は、すすきのという場所柄や開店が18時からという理由でなかなか訪問できなかった方も、「パーラーエノキ」で美味しいパフェやサンデーが食べられるのが魅力です。

また小上りがあることで、小さなお子様がいらしても安心です。(キッズプレートもあります)

小上がりがアトリウム側にあることで開放感もあります。

小上り

個室はありませんが隣席との間に仕切りがあり、テーブル会計にするなど感染対策もきちんととられています。



メニューには軽食あり スイーツメニューも豊富

ソフトクリームもアイスクリームもソルベもすべて手造りにこだわっており、期間限定の旬のものをつかったメニューもあり甘い物好きにはワクワクしてしまうお店です。

パフェやサンデー等の甘いものだけではなく、珈琲や軽食もあるのがうれしい。

珈琲はネルドリップで丁寧に抽出したり、カレーもスパイスにこだわった一品です。

★軽食

エノキの生チョコレート 390円
ミックスナッツ 420円
バターチキンカレーライス 680円
キーマカレーライス(大盛り+150円) 720円
トースト(バター・はちみつ付) 400円
チーズトースト 500円
フルーツサンド 670円
お子様プレート(ジュース・ミニソフト・ミニケーキ) 580円

★スイーツメニュー

・パフェ

和三盆抹茶とうぐいす豆 1240円
塩キャラメルとピスタチオ 1180円
フルーツ(詳しくはスタッフまで) 1340円
ショコラ 1150円

・サンデー

キャラメルとバナナ サンデー 700円
キャラメルとナッツ サンデー 700円
ショコラとマンゴー サンデー 700円
ショコラとオレンジ サンデー 700円
苺とピスタチオ サンデー 750円
苺とバナナ サンデー 750円
本日のフルーツ&ミルク サンデー 800円

・ソフトクリーム・フロート

エノキのソフトクリーム ミルク 320円
エノキのソフトクリーム フルーツ 450円
エノキのソフトクリーム フルーツ&ミルク 450円
珈琲フロート 700円
オレンジフロート 650円
本日のフルーツソーダフロート 850円
本日のフルーツミルクフロート 850円

・ケーキ

本日のケーキ 450円

エノキ堪能セット(軽食+パフェ+ドリンク) 1800円(税抜) 

堪能セットがオススメされていましたよ^^

スイーツを食べに行ったのですが、種類が多くて目移りしてなかなか決められず(≧▽≦)

最初にメニューの一番上にあった「エノキの生チョコレート」が気になりオーダー。

エノキの生チョコ

二層ガラスの可愛らしい器に、美味しそうな生チョコ。

オレンジピールと一緒にいただくと幸せいっぱいの甘さが口の中に広がります♪

パフェだとボリュームがありそうなので、サンデーを注文しました。

ショコラサンデー

写真:ショコラとバナナサンデー

モナカにはパフェ佐藤の「佐」の文字が書いてあります。

暖簾や座布団にあった可愛らしいサクランボものっています。

ソフトクリームは牛乳寄りか生クリーム寄りかでいうと、牛乳の濃厚さが際立っていた気がします。

チョコレートとの相性がよく美味しいので飽きることなく一気に食べてしまいましたよ。

お店作りのこだわり

「アイスクリームパーラー」とか「フルーツパーラー」は、昔はよく聞いていましたが今は「パーラー」という名称はあまり聞かなくなりましたよね。

札幌市内だと雪印パーラーくらいでしょうか。

昔懐かしい響きとカフェや喫茶店とは違う甘い美味しいものがたくさんあるイメージ。

色々な解釈がありますが、基本的にはフランス語で客人をもてなすことを目的とした施設という意味だそうです。

カレーやトーストもありながらパフェやアイスもあり、上のメニューには書きませんでしたがお酒もありましたよ。

甘い物好きではなくても珈琲やお酒があることで入りやすいですよね。

 

パフェ、珈琲、酒、佐藤 」では「すすきので18時から」というビジネスマン・大人向けの店舗ですが、「パーラーエノキ」では小さな子や若い方、ご年配の方も楽しめる配慮があります。

また、「パフェ、珈琲、酒、佐々木」という店舗もあり、こちらはバーカウンターの様なオシャレな雰囲気でお酒とパフェを楽しめるとのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京グルメ(@_gourmetrip_)がシェアした投稿



手作りであることにこだわり、美味しい食材を使用してキレイな色どりや心地よい食感にすることで人気が集まりました。

また、同じメニューを提供していても店舗の趣向を変えることでターゲットを変えられるという面では素人ながらすごいなぁと感じた部分です。

パーラーエノキ

「パーラーエノキ」おすすめですよ。

札幌市中央区南2条東4丁目 サッポロファクトリー3号館 2階

営業時間 10時から20時

一部の商品はテイクアウトもやっています。