札幌-再開発

新しい北陸銀行は地下通路直結へ 新ビルは2024年1月に完成予定

北陸銀行

新しい北陸銀行札幌支店は地下直結予定

大通公園に面している北陸銀行札幌支店の建て替え予定がわかったのは2020年末頃のことです。

北陸銀行

老朽化ということで現地建て替えが決まったわけですが、概要が少しわかってきました。

ほくほくファイナンシャルグループの北陸銀行ということで、仮称は「ほくほく札幌ビル」。

新ビルは地下3階、地上13階建て。

2021年11月に着工予定で、2024年1月の完成を予定しています。

現在の建物の目の前にある地下通路への出入口(大通駅18番)と接続します。

地下直結

 

銀行、事務所、駐車場の機能や飲食や店舗のはいる商業機能ももたせるようです。

地下と直結することにより便利になりますし、銀行機能だけではなく他の施設が入ることで今までとは少し違う場所になりそうです。

地上1階と地下2階に飲食・物販店舗

屋内広場も検討しているとのこと。

外壁は大通り公園側はガラススクリーンのデザイン。

完成イメージ図等は、いまのところ見当たりませんでした。



現支店の仮店舗移転は2021年4月

現在、入居している北陸銀行札幌支店と北海道事務所は建て替えが完了するまで、仮店舗での営業となります。

★札幌支店は、2021年4月12日に仮店舗での営業開始(現店舗は4月9日まで)

〒060-0062
札幌市中央区南 2 条西 2 丁目 14 番地(現在の北海道銀行中央支店)

★北海道事務所は、2021年4月5日に仮店舗での営業開始

〒060-0061
札幌市中央区南 1 条西 4 丁目 16 番地 2(道銀別館ビル 4 階)

現事務所の移転後に解体に入り、11月には新しいビルの着工ということになります。

現在のビルは1966年に建設されたものです。

大通公園に面していますし、窓枠部分が変わっていて目を引きます。

建物の屋上にあるのは、岩見沢出身の彫刻家 山内壮夫さんの「鶴の舞」という作品で当時の竣工を記念してつくられたそうです。

そういわれるとビルのコンセプトも鳥のようにも見えますね。

北陸銀行

現在の建物は3階建てですが、新しいビルは13階になることからお隣の敷地で建設予定のイケウチゲート跡の商業ビル(8階建)よりも高いビルとなる予定です。



地下通路拡大中

大通駅18番出口と新しいビルが直結し便利になります。

隣の敷地ではイケウチゲートの新築工事を行う予定ですが、将来的には地下直結してほしいなぁという願望をもってしまいます。

以下のような距離感で両ビルとも建て替えならできそうな気がします。

私の勝手な想像ですが、もしも地下直結すればイケウチゲートにももっと人が流れると思います。

イケウチゲート隣

西2丁目には、大型駐輪場・通路ができる予定ですし地下通路が拡大しているのがわかりますね。

想像マップ

北陸銀行新ビルの完成イメージの発表を楽しみに待ちたいと思います。

 

18番出入口