札幌-店舗等

「パセオ」が2022年9月末で営業終了 札幌駅前再開発が始動

パセオ看板

※2021年3月10日に休業ということで記事を書いた9日後、3月19日には休業ではなく営業終了と発表され訂正しました。

札幌駅前にあるPASEOが営業終了

札幌駅前の商業施設「パセオ」が、2022年9月に営業終了という発表がありました。

2030年の北海道新幹線札幌駅への延伸のため、札幌駅周辺再開発に向けて始動するものと思われます。

2022年9月末をもって営業終了。

パセオのあった場所を使って部分的に別施設をオープンする可能性もありますが、

パセオ自体はなくなってしまうようですね・・

JR北海道側の説明としては、札幌駅前再開発工事にあたりパセオの空調や冷暖房機等を撤去する必要があることから営業終了するとのことです。

パセオ看板



札幌駅前の商業施設

札幌駅前の商業施設には「アピア」「エスタ」「パセオ」「札幌ステラプレイス」の4つがあります。

「アピア」は1952年からあった「札幌ステーションデパート」が始まりで4つの中では、1番古くからあります。

「エスタ」は1978年からあり、札幌そごう(2000年閉店)が閉店後も営業をつづけています。

「パセオ」は1989年からあったものを2011年にリニューアルオープンしました。

そして「札幌ステラプレイス」はJRタワー竣工時の2003年にオープンしました。

この4つの商業施設で600店舗以上となります。

600店舗のうちパセオには200店舗が入っており、順次閉店し営業終了していく予定です。

2020年7月頃に発表された札幌駅前南口再開発の構想では、エスタ部分とJRタワーよりも高い新タワービルが注目されていました。

駅前再開発に向けては、エスタからの店舗閉店の方が早いのかと思っていました。

新幹線札幌駅には4つの商業施設のうち1番近い場所にあり、新幹線駅への「ご線橋」もできるということです。

その際にパセオの主要設備部分を撤去しなくてはいけない模様です。

パセオから新幹線駅へのこ線橋

引用:JR北海道

駅前マップ



札幌駅再開発準備

現在のJR札幌駅では、新幹線が通ることで在来線の線路が足りなくなるため、11番線の拡張工事が行われています。

北口側の連絡通路にあった店舗がなくなり、いままであった屋内連絡通路がなくなる予定です。

札幌駅北口側の拡張工事が、広範囲に渡って行われています。

札幌駅北口工事中
札幌駅北口
JR札幌駅北口拡張工事 11番線ホーム設置のため直下の店舗閉店 シンボルアーチ撤去も札幌駅北口拡張工事開始 札幌に新幹線延伸となるのは2029年予定となっています。 新幹線が現在のJR札幌駅を通ると在来線分の線路...

 

札幌駅南口再開発

北5西2,北5西1の再開発詳細発表があった時には、

「先に新タワービルを建設しエスタのテナントを移転させてから、エスタを解体し新商業施設を建設予定」ということでした。

それよりも先にパセオを営業終了して、新幹線駅からの着手ということですよね。

動き出した「札幌駅前南口再開発」、今後も追っていきます。

新幹線工事に伴うパセオの休館について(JR北海道ニュースリリース)