北1西5現HBC跡地に27階建て複合ビル計画 2023年完成予定



HBC跡地に27階建て複合ビル計画

北1西5にあるHBC放送局は隣にあった駐車棟を解体して新社屋を建設し、2020年3月に竣工しています。

秋には移転予定で、新社屋での放送が開始される予定です。

そして現在のHBC放送局は解体される予定ですが、NTTグループの不動産会社NTT都市開発が跡地に複合ビルを計画中です。

NTT都市開発は全国で60以上のプロジェクトがあり、地域の持つ歴史や文化を引き出す都市開発を行っている会社です。

HBC新社屋が周辺のエリアと一体感を創り、天然木などの地場産材を積極的に採用しているところや、目の前の北海道庁や庭園との調和を考え再開発されると思われます。

HBC解体跡地と、新社屋の隣の中央署、北菓楼札幌本館の間に突き出す形で高層ビルを建設する予定。

北一条地下駐車場とも接続する予定なので、地下通路も利用できる予定です。

入居するホテルや商業施設などの詳細はまだ未定です。

北1西5計画図

引用:札幌市北1西5北地区 計画図に加筆

赤線に囲まれた部分が再開発予定ですが、北菓楼と警察署の間の細い部分をどのように活用するのかが楽しみです。

歩行者ネットワークを考えると通路とするのか、ホテルやオフィスの入口とするのかまたは店舗も考えられますね。

道庁側の低層部にはにぎわいを創出するような空間も計画されている模様です。

地下2階地上27階建ての複合ビルで、2021年中に着工、2023年の完成を目指すようです。

HBC社屋

写真:現HBC放送局 2020年8月撮影



HBC放送局新社屋

2018年10月に着工した新HBC放送局は、2020年3月31日に竣工しました。

新社屋は地下1階、地上9階建てでガラス張りの透明感のある素敵な建物です。

場所は中央警察署と北海道庁赤レンガ庁舎がある庭園との間です。

HBC新社屋

このガラス部分の外壁ラインはLEDライトで、赤青緑等に光るようになっています。

隣接地に完成している新社屋への移転は秋としていますが、放送開始日は以下です。

新社屋での放送開始は
・ラジオ 2020 年9月 21 日(予定)
・テレビ 2020 年10月12日(予定)

その頃には夜にいくとLEDライトがついているはず。

楽しみにしたいと思います。



周辺は歴史ある建物が多数

HBC周辺には、赤レンガ庁舎をはじめ中央警察署、札幌グランドホテル、北菓楼等歴史ある建物がある場所です。

地下歩行空間直結ではないものの歩いてすぐの場所。

北一条通りにも地下駐車場があり通路もあるため、大通駅からも外に出ず地下通路で新ビルに来れます。

HBCの新社屋が9階建てですから、新しい複合ビルが27階建てだと警察署も北菓楼も囲まれる感じになってしまうのでその辺の圧迫感をなくして周りと調和がとれるような建物にしないといけないのが難しいところ。

2020年秋にHBCが新社屋に移転し、その後解体、2021年着工、2023年竣工予定。

隣の敷地、斗南病院跡地(北1西6)も今は駐輪場や駐車場になっていますがこの再開発と関連していないか気になるところです。

進捗ありましたらまた追っていきたいと思います。