観光・イベント

さっぽろ雪まつり2023制限ありで2/4(土)~2/11(土)3年ぶりの開催

さっぽろ雪まつり2023開催へ

札幌市制100周年となる「第73回さっぽろ雪まつり」の開催が決定しています。

日程 2023/2/4(土)~2022/2/11(土)8日間

会場 大通会場(西1丁目から西10丁目)

すすきの会場(南4条通から南7条通りまでの駅前通)

※つどーむ会場は開催を見送り

すでに2022/11/7に雪輸送や雪像制作に関することを陸上自衛隊と協定書を取り交わし済です。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2021年、2022年の雪まつりはオンラインでの開催となっていました。

2023年は3年ぶりの開催となります。



2023雪まつりの例年と違うところ

「さっぽろ雪まつり」は、カナダの「ケベック・ウィンター・カーニバル」と中国の「ハルビン氷祭り」と並ぶ世界三大雪まつりの一つに数えられているんですよ。

札幌の雪まつりは非常に多くの方に知られているため、札幌市としては実施しないわけにはいかない・・という事情もありそうですね💦

コロナ前は大雪像が10基、合計100基以上の雪像がある年もありました。

2023年はまだ完全に元の雪まつりと同じ状態に戻したわけではなく、制限した上での開催となります。

例年と違うのは以下

・国際雪像コンクールの中止

・飲食ブースの(物販やPRブースはあり)

・つどーむ会場(すべり台等)の開催を見送り

・雪像制作者にも休憩の分散や休憩所の間隔の確保等あり

・通路の一方通行化

・会場混雑の配信等

雪まつりを開催することによって、道内の他の地域の冬まつりにも訪れてもらい感染対策をしながら行うとのこと。

3年ぶりに大雪像が制作されます。

写真:第63回(2016年)さっぽろ雪まつりより

各会場の構成

大雪像を5基、中小雪像や市民雪像も制作予定です。

いまのところ発表されているのは以下のみ

1丁目 → ウインターアトラクション(例年はスケートリンク等でした)

2,3丁目  → 中小雪像・市民雪像等

4,5丁目 → 大雪像

6丁目 → 市民雪像等

7,8丁目 → 大雪像

9丁目 → 市民雪像等

10丁目 → 大雪像

飲食店がなくなってしまうのは、少し寂しいですが今現在は仕方がないですね。

3丁目にあったジャンプ台等もフリースタイルやモーグルの迫力あるジャンプが見れてよかったのですが、これもなさそうですね💦

雪像に映すプロジェクションマッピングは期待しましょう。

内容詳細については、12月に決定しますのでわかりしだいこちらのページにあげていきますね。



まとめ

すすきの会場も例年通りたくさんの氷像が制作されるようですよ。

魚氷像

昨年度は雪が多すぎて雪まつりどころじゃありませんでした💦

2023年度はどうなるかわかりませんが、実施される際には少しでも楽しみたいですね。