観光・イベント

見どころ施設無料!札幌ドーム展望台も見ごたえあり 2021年12月19日(日)まで

札幌市は”見どころ施設無料化月間”中

札幌市では「さぁ!まわろうSAPPORO~見どころ施設無料化月間~」として、複数の施設の入場料を無料にしています。

コロナの影響で冷え切ってしまった観光需要を取り戻すため、普段は有料である施設をすべての方が対象で無料となっていますよ。

期間:2021年11月20日(土)~12月19日(日)

対象となる施設はこちら↓の9ヵ所。

・札幌時計台
・さっぽろテレビ塔展望台
・大倉山展望台リフト
・札幌オリンピックミュージアム
・札幌もいわ山ロープウェイ
・豊平館
・本郷新記念札幌彫刻美術館
・さっぽろ羊ヶ丘展望台
・札幌ドーム展望台

札幌を代表する施設が入場料無料なので、この機会を利用して再度札幌の魅力を感じたい札幌市民や道民、観光客の方にもお得ですね。

さて、どこへ行きましょうか^^



札幌ドーム展望台が無料 地上53mからの景色

対象の施設はほぼ中央区だったので、人ごみを避けて豊平区の札幌ドームへ行きました。

普段スポーツ観戦等をする方は行き慣れている施設かもしれませんが、改めて見ると大きさや規模に驚かされます。

札幌ドームは2001年に開場しており2021年はちょうど20周年を迎える札幌のドーム型スタジアムです。

入口にも20周年の壁面ポスターがありました。

20周年

今回無料となっている展望台はドームの上にピョコっとでている突起部分。

ピョコっ

入口では感染対策のためもあるのか利用申込書を記入してから入館しました。

利用申請

20周年の記念ハガキもいただきました。

スタジアムが利用されていない状態での札幌ドーム展望台は初めてでしたが、人がいない分規模が更に大きく感じてエスカレーターで上るときは足がすくみました^^;

札幌ドーム中 エスカレーター エスカレーター

このエスカレーターはブルーでライトアップされており、とてもきれいです。

札幌ドームはプロ野球の本拠地球場のグランド面積としては、全国で1番です。

すぐに現在建設中のエスコンフィールド北海道が抜いてしまう予定ですけどね。

展望台

展望台はエスカレータ前で人数制限を行っていましたが、上に行ってみると思ったより人がたくさんいました。

イベントが開催されない日は、駐車場が普通車1台300円/2時間とのことなのでファミリーが多かったように思います。

人数制限を行っているので、すぐに窓側が空き周辺の景色を堪能できましたよ。

秋景色 秋雲

秋空の下の札幌市内の景色を楽しむことができます。



札幌ドーム周辺 新たな施設建設?!

札幌ドーム周辺は「札幌まちづくり戦略ビジョン」で以下の様なことが明記されています。

スポーツや集客交流産業の振興に関わる拠点性を高めるため、多様なイベントの開催や周辺の施設や空間とも連携するなど、更なる活用を図ります。

スポーツやそれに伴う集客起点として、札幌ドームと相乗効果を狙っていることからこれから他にもスポーツ施設ができてくる可能性もあります。

札幌ドーム外側

ドーム外には広々とした空間に札幌ドームの目玉ともいえるホバリングシステムで移動する芝生が外にでていました。

(※ホバリングシステムについてはこちら→https://www.youtube.com/watch?v=hC45IfXj06k 北海道ファンマガジンさんの動画へ)

周辺も自然がいっぱいで土地があることから他に施設ができてもおかしくないですよね。

ただ、札幌ドームは赤字とよくきくのでその辺を加味してほしいなぁと一般市民としては思います。

札幌ドーム展望台からの景色も変わってくるかも?!

無料期間を機会にファミリーやカップルで訪れてみてはいかがでしょうか。

(札幌ドーム展望台は公式ページにてスケジュールをご確認の上おでかけください)

札幌ドーム展望台