札幌丘珠空港が増便できない理由 今後の利活用について



丘珠空港の利活用について

札幌市東区にある「丘珠空港」は、北海道内航空ネットワークの拠点となっている場所です。

観光の方は国際便もある新千歳空港がメインとなりますが、丘珠空港は北海道内の医療やビジネス路線、生活路線として活用されています。

引用:札幌市「丘珠空港の利活用に関する検討会議報告書」

場所は札幌市内なので、札幌駅からも直線距離で約5キロと近いです。

新千歳空港よりもすごく札幌駅に近いし、もっと航空機の便数を増やせばいいのにと思いませんか?

あるいは北海道外の方は、「丘珠空港」なんて初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。

増便できない、理由が多々あるんです。。。

札幌市は、その対策を練って今後丘珠空港を利活用していくための案をあげています。



増便できない理由

丘珠空港が増備できない大きな理由を3つあげてみました。

1.滑走路が短い

現在の滑走路は1500mあります。これを通年運航できるのはプロペラ機だけなんです。

1800mや2000mにすることにより、離発着が可能なジェット機が増えるんですって。

ただ滑走路の延伸には莫大な費用がかかります。

 

2.騒音問題

住宅地があることで、周辺住民の方の理解が必要になります。

現在の運行時間は7:30~20:30ですが、本格空港とするのであれば運用時間の拡大が見込まれます。

また、自衛隊の空港と共用していることで便数の制限もあります。

 

3.積雪による除雪問題

丘珠空港は札幌市内でも積雪の多い場所にあります。

飛行機の発着は、雪に影響されるので除雪や排雪作業が必要になります。

これにも時間も費用もかさみます。

 

他にも丘珠空港までは、地下鉄とバスを乗り継いでいかなくてはいけない利便性の問題や空港面積が小さいことから駐機スペースや格納庫のスペースが限られてしまうという問題もあります。

丘珠空港とは

「丘珠空港」は、JR札幌駅から北東約5キロの場所にある防衛省が管理している空港です。

陸軍航空隊が飛行場を1942年に設置したことに始まり、1961年に民間機も利用できる公共用飛行場になりました。

現在は、国内6カ所往復で出発便11便、到着便11便の使用となっています。

引用:丘珠空港

滑走路の長さが短いことでプロペラ機や小型ジェット機のみの運行となっています。


札幌市が丘珠空港の利活用を決めた理由

札幌市が丘珠空港の利活用に腰をあげた理由は、2020年から徐々に北海道内の7空港の民間委託がはじまることから検討しはじめたと考えられます。

引用:札幌市

新千歳空港、函館空港、釧路空港、稚内空港、旭川空港、帯広空港、女満別空港の7空港です。

特に丘珠空港に近い新千歳空港が民営化されることにより、どのように丘珠空港に影響するかというと・・・

引用:札幌市

やはり集客や競争力という点では、丘珠空港にとってデメリットが多いというところにあると思います。

民営化の対象外のとなる空港は維持・存続していくために、何か案を練らなくてはいけないということですね。

まとめ

どうして丘珠空港は新千歳空港より近いのに、もっと便数を増やせないんだろう・・とは思っていましたが今回のことを調べるまで問題点があることを知りませんでした。

航空機の性能があがり、騒音レベルは低下してきていますし必要滑走路も短縮傾向にはあるそうです。

問題をクリアできれば、丘珠空港からの航空機増便につながっていくと思います。

2030年の北海道新幹線札幌駅延伸に向けて、街の中の建物も変わってきていますがそこに至るまでの交通機関も色々と対策を練っているということですね。

 

また、丘珠空港がビジネス、生活路線、観光需要、医療、防災等様々な機能を持っていることを知りました。

メディカルジェット、メディカルウィングなんて言う言葉も初めてしりました。

(※メディカルウィング=患者搬送用の固定翼機、道民の命を守る航空機)

近い場所にあるけどなかなか行かない空港。

空港には旅客機以外の役割がたくさんあると知り、これから見方が変わるかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ