インフルエンザの流行は例年より早め、今季は早めに予防接種を 2019年10月



今季のインフルエンザピークは早め

毎年やってくるインフルエンザの時期は、12月以降ですが今年は暑い時期からインフルエンザがはやり始めています。

2019年は9月末には沖縄県でインフルエンザの流行警報が発令されました。

引用:沖縄県 インフルエンザ流行情報

過去5年を比べても、こんなに早くインフルエンザが流行したことはないようです。

でも、沖縄県のような熱帯・亜熱帯地域では,年間を通してインフルエンザウイルスの活動がみられることもわかってきています。

確かにデータ上で完全にゼロという数値は多くないですね。

沖縄県は、夏と冬の2回ピークがあるんですって。

夏のインフルエンザは重症化することがないので、あまり注目されていなくてデータがなかっただけのようです。



インフルエンザの流行は北上中

その沖縄県から火がついて、岡山県、群馬県、神奈川県、東京都を経て北上中。

10月10日には、新潟県、岩手県まで小中学校の学級閉鎖があったようです。

そして、札幌市にもインフルエンザが流行ってきています。

 

豊平区-幼稚園 年少 学年閉鎖 2クラス

東区-小学校  学校閉鎖    1校

手稲区-小学校 学級閉鎖    1クラス

東区-中学校  学級閉鎖    1クラス

引用:札幌市 (2019年10月15日現在今季分)

引用:データスマートシティ札幌 インフルエンザ流行view

2018年のデータに今現在の週に矢印をつけてみました。

やはり今年は、いつもより少し早く流行がきそうな感じですね。

今年の予防接種は早めに受けましょう

例年より、インフルエンザの流行が早めにやってきそうだと予想されているので、予防接種を考えている方は早めに受けた方がいいですね。

ピークが早まることは確かですが、ワクチンが効き始めるのは1か月後から5か月くらいといわれていますので、最悪はピークがずれればワクチンが効いているうちにインフルエンザにかからずにすむかもしれません。

インフルエンザは形を変えて流行しはじめますし、免疫力に個人差がでるのであくまでも確率論というか自己責任といいますか・・こればかりはわからないですよね。

札幌市内の小児科では、早いところでは10月上旬からインフルエンザの予防接種受付を開始しています。

心配な方は、予防接種を早めにうけましょう。



まとめ

まだ暑い地方もあるとは思いますが、札幌はもう雪虫が冬の訪れを告げている季節です。

季節の変わり目は、のどの痛みや咳に悩ませられたり、気温が変わりやすいので体調を整えるのが難しくなってきます。

インフルエンザの予防ばかりではなく、風邪や美味しいもの食べ過ぎての胃腸炎等も気を付けましょう。

私は子ども二人が年に2度ずつインフルエンザになっても、ここ10年うつったことはないのでインフルエンザの免疫力については、少し自信をもっています(笑)

手洗いうがいの他に、冷え性なのもありますがすでに湯たんぽを活用し身体をポカポカ暖かくして早めに眠る様に心がけています。

寒い冬がやってきますが、元気に乗り切りましょう^^

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ