「北ガスアリーナ札幌46」開館記念式典に参加-4月27日オープン



「北ガスアリーナ札幌46」記念式典

今日、4月27日にオープンした新中央区体育館「北ガスアリーナ札幌46」の開館記念式典に参加してきました。

新施設は、北海道瓦斯株式会社の旧本社や工場が建っていた北4東6周辺の再開発の一環として工事がすすめられていた場所です。

北ガスアリーナ札幌46は、札幌市の体育館の中で最大規模となります。

引用:札幌中央体育館パンフレット

開館記念式典は事前に応募して、入場証が送られてくる形でした。

一般市民は300名招待とあったのですが、報道関係者や施設関係者等をいれると確実にそれ以上の方がいました。

少し遅れて入館しましたが、アリーナ席はいっぱいだったので観客席の後ろの方で静かに見ていました。

アリーナ面積2612㎡、観客席約2500席。

バスケットボールやバレーボールだと3面、バドミントンは16面、卓球だと42台おけるそうです。

除幕式やテープカットの後に、アスリートのトークショー、バドミントンエキシビションマッチが行われました。

アリーナ以外の施設も見学できるのかと思っていたのですが、今日は説明のみでした。

イベント2日目の明日は、フットサル女子チーム「エスポラーダ北海道イルネーヴェ」の試合とプロフットサルチーム「エスポラーダ北海道対名古屋オーシャンズ」の試合が行われます。

イベント3日目は、スポーツ体験や無料体力測定等が行われます。



施設紹介

施設内は2、3階がアリーナになっており、1階がトレーニング室等です。

引用:札幌中央体育館パンフレット

相撲・剣道・柔道・弓道・なぎなた等の他、ボクシング・フェンシング・アーチェリーにも対応しています。

引用:北ガスアリーナ札幌46公式

札幌の体育館の歴史は武道演習場から始まっていることもあり、武道が多く新施設で行われるようになっています。

大きな大会も実施されることを想定して、選手控室や会議室、多目的室もあります。

トイレが固定観覧席の下にあり、大勢の方がいても対応できるようになっていました。

トレーニング室はもちろん最新のマシンが導入されています。

更にはスポーツ教室の募集も始まっていましたよ。

一般390円、高校生230円、65歳以上130円、中学生以下無料



アクセス

北ガスアリーナ札幌46に合わせて、サッポロファクトリーからの空中歩廊も開通しました。

サッポロファクトリー内も新店舗や改装した13店舗が営業開始しています。

まとめ

マンションのザ・タワーズフロンティアはまだ工事中ですがすでに完売しており、今年の夏頃から入居がはじまると思われます。

また中央体育館横の医療・福祉・商業施設はこれから着工し2021年竣工予定です。

これからも発展し続ける創成川イーストエリアに注目が集まります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

関連記事↓

創成東」の人口が10年で倍!でも、創成東ってどこ?