「ブランチ札幌月寒」2019年夏オープン予定

スポンサードリンク







月寒ドーム跡地に「ブランチ札幌月寒」がオープン

札幌市豊平区の月寒ドーム跡地に建設中の商業施設「ブランチ札幌月寒」が2019年夏頃にオープンします。

食品スーパー・専門店・飲食店・医療モール・フィットネスなどの全41テナントが出店予定となっています。

■名称 BRANCH(ブランチ)札幌月寒
■所在地 札幌市豊平区月寒3条東11丁目
■敷地面積 約44,172㎡
■延床面積 約14,535㎡
■駐車場台数 469台

大和リース株式会社が2017年7月に、月寒ドーム跡地の一部を北海道から購入した土地です。

設定した7億7750万円を約15億円も上回る22億7154万円で購入しました。

 

引用:大和リース

一足先に月寒じゅんのめ保育園が、4月からの開園しています。

ジュンスポーツクラブ付属の認可保育園ということで、説明会には多くの方が訪れた様ですよ。

新規開園ですが、札幌には数少ない体操教室を体験できる保育園や施設ということで人気がでること間違いなしです。

引用:月寒じゅんのめ保育園

ジュンスポーツは、ブランチ札幌月寒内にこちらの保育園とスポーツクラブの他に「ジュンハート」という児童発達支援放課後デイサービスの施設もあります。

ファミリー層を意識した施設づくり

大和リースの開発案は、スーパーマーケットやドラッグストア等の生活便利施設の他、子育て支援施設や公園等、ファミリー層を意識したイメージです。

チャレンジショップや就労支援を目的とした施設を入れたり、フィットネスクラブ、クリニックモール等の健康増進施設も予定に入っています。

延べ面積1万4535㎡の敷地内に計9棟の施設を建設予定。

引用:大和リース

芝生広場や公園を設けるなど、子供の遊び場や地域交流を促すための交流スペースもありマルシェ等が開催されます。

地域のコミュニティーを育む拠点をコンセプトとしており、この業態は北海道内で第1号となります。

規模

・スーパーマーケット(平屋建て3000㎡)

・保育園と児童デイサービス(平屋一部2階建て延べ3000㎡)

・飲食店舗など(平屋建て1500㎡)保育園や飲食店は約1万㎡の公園施設内に整備。

・飲食店舗など(2階建て延べ1000㎡)

・クリニックモール(2階建て延べ1500㎡)

・フィットネスクラブ(2階建て延べ2300㎡)

・469台分の駐車場 敷地面積4万4173㎡

大和リースってどんな会社?

大和ハウスグループの会社で、全国の商業施設をたくさん手がけています。

引用:大和リース

「フレスポ」「BiVi」「BRANCH」の商業施設ブランドがあり、月寒はこの「ブランチ」が北海道初上陸となります。

ブランチとは

「樹の枝」のように、人々の交流や地域コミュニティが成長していくための拠点をめざして、

緑のある居心地の良い空間、ワークショップやイベント開催にて地域のつながりを育んでいます。

フレスポは北海道内にもありますね。フレスポ恵み野

「フレスポ」は郊外型商業施設、「ブランチ」はコミュニティ型商業施設としている様です。

子育て支援やチャレンジ支援に力をいれて、地産地消等にも力を入れていくとあったので地域に根付く商業施設を目指しているものと思われます。

 

アクセス

月寒中央駅から徒歩15分
南郷13丁目から徒歩20分

地下鉄駅から考えると少し不便な場所になりますが、駐車場が約500台分ある商業施設であれば、普段から車を利用されている方には便利ですね。

札幌ドームからも1.8km、車で5分程の距離にあるのでイベント前後に寄ることもできますね。

敷地内に保育園と公園とスーパーがあるなんて、小さなお子様がいるファミリーには最高な環境ですし、フィットネスクラブで健康維持、クリニックモールがあるのでご年配の方も安心ですね。

引用:大和リース

関連記事↓

「ブランチ札幌月寒」7月中にオープンか

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

スポンサードリンク