建物の容積率緩和で再開発促進へ



建物の容積率が緩和されるとどうなるの?

札幌市は都心再開発の促進に向けて、札幌都心の建物容積率を緩和しています。

一律に何パーセントの緩和ということではなく、その取り組みによって緩和する割合を変えているんです。

容積率とは

「その土地に建築可能な家の延べ床面積の割合」を示しています。

例えば、「土地の面積が100㎡で建ぺい率50%、容積率100%」であれば、延べ床面積で100㎡の家が建てられます。
1階50㎡、2階50平方メートルの2階建ての家が建てられるという具合です。

50㎡を3階建てにしたい場合は、容積率150%ないと建てることはできません。

自分の土地なら、「この土地に目いっぱいの広い家を建てたいっ」と思ってしまいますよね。

でも、防火・日照権・プライバシーの確保・都市計画によるもの等でその地域の容積率が決まっているんですね。

引用:札幌市


札幌市内の容積緩和例

札幌市で容積率を緩和している例をあげてみます。

オープンスペース

・オープンスペースの面積や活用を見据えた取り組み

引用:札幌市 最大200%の緩和(取組と面積を考慮の上)

高級ホテル

・国際水準の宿泊機能を備えたハイグレードホテルの整備
・最低客室面積が 40 ㎡程度、スイートルームやバンケットルームの設置

引用:札幌市 最大50%の緩和(取組を評価の上)

重層的な回遊性ネットワークの形成

地下と地上を結ぶエレベータや階段等の利便性

引用:札幌市

最大150%の緩和(取組を評価の上)

これはこれからできる南2西3の再開発で建設中のものです。

 

3例あげましたが、評価される取組みが11項目あります

その他にも空中歩廊や緑化による助成金や本社を札幌にする(最大2億1000万円の助成)やコールセンターを設置する(新設で最大3000万円)等の補助もあるので、企業側としてはかなりメリットがあると思われます。

札幌市内での環境効果(緑化)や雇用促進策(企業の招致)でもあるわけですね。

道外企業がこぞって進出してくるのもうなずけます。

 

容積率の緩和にあたっての取り組み

11項目の取り組みを中心に、評価されて容積緩和の割合が決まります。

引用:札幌市

都心部は観光客をはじめ札幌市民も多い場所ですから、色々な側面を考え街づくりをしていかなくてはいけません。

それを札幌市だけではなく民間のデベロッパーにも周知し助成することで、統一感のある街並みに整って再開発されていくんですね。


まとめ

「容積率緩和」なんて難しいことを言われても、すぐにわかるのは建築を勉強している方や不動産関係者のみではないでしょうか。

大きくいえば、札幌市の条件通りに建物を建てるのであれば、もっと広い面積で建物が建てられ助成金もでますよということですね。

街並み形成を誘導している感じでしょうか。

これにより札幌都心が快適になり防災に関しても安心で、キレイな街並みになっていけば札幌市民としても観光客にもうれしいことです。

今後の札幌都心の再開発に期待し、楽しみにしています^^

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ