札幌シェアサイクル「ポロクル」電動アシスト自転車へ-今季は4月26日開始



札幌のシェアサイクル「ポロクル」が電動アシスト自転車へ

ドコモは、北海道札幌市内のシェアサイクル「ポロクル」を2019年4月より実証実験として二年間の共同運営を行うことを発表しました。

ドコモの電動アシスト付き自転車に、AIを用いた自転車再配置最適化システムを導入します。

実証実験では、サイクルポートの検索や予約・貸出・返却が行えるアプリを導入。

アプリに会員登録して、ICカード等をカードキーにするとすぐに借りられます。

引用:ポロクル公式ページ



昨年までのポロクル

昨年まではポートによっては一時的に自転車が足りなかったり、いっぱいになってしまったりした場合、人手によって移動していました。

ノーパンクタイヤを利用していましたが、それでも故障や整備のたびに移動の手間もかかっていたと思います。

ポロクルの申し込みにはクレジットカードと携帯電話が必要で、使用するためにはホテル内や駅などの申込所に行く必要性がありました。

※会員登録をしたくない場合は、昨年と同様の手続きでポロクルを使用できるようです

ポロクル(2018年シーズンまで)

今季からは、自転車再配置最適化システムやアプリにより管理側も使用側も格段も便利になると思われます。

昨年までのポロクルは、白い自転車でしたが、今年からは東京都内9区で導入されている「ちよくる」等と同様の赤い電動シェアサイクルになる予定です。

新しいポロクル

また、昨年は「16歳以上」が条件となっていましたが、今年は「145cm」以上となっていました。

昨年までは26インチの自転車しかなかったのですが、今年からは20インチとなっています。

引用:ポロクル公式ページ



札幌市内のサイクルポートは40か所

札幌市内中心部に設置されるサイクルポートは40か所で、新しく導入される電動アシスト自転車は350台です。

今現在はまだ、雪が降ったりすることもあるのでポートは完成していないですがこれから徐々に整備していくものと思われます。

昨年までは白いシェアサイクルだったので、ポートも白を基調としていましたが今年は赤になることからポートの方も一新するかもしれないですね。

写真:昨年のシェアサイクルポートの様子

札幌での観光の際も、自転車で移動したいと思ったらアプリをダウンロード、登録してすぐに使えます。

最初の30分は150円、その後は30分100円

月額だと1800円

会員登録しない場合は1日パス1,500円、コンビニで事前予約すると1300円で借りられます。

お天気のことも考えて利用した方がいいですね。



まとめ

ポロクルは利便性を向上させて、旅行者や地域住民の移動手段としてより便利になりますね。

ドコモが、札幌という場所での試行実施を行うことを決めたのは、観光客が多いことや街が碁盤の目で移動しやすいこと、ポートの場所が確保しやすいこと等だと思います。

このシェアサイクルシステムの試行実施から、全国にひろがっていくかもしれませんね。

また、札幌市内では放置自転車が大きな問題となっており、全国ワースト1位となっています。

雪が降る札幌で除雪の妨げとなる他に、車椅子の方が通行できない場所もあるため自転車放置禁止区域が拡大されています。

また、巨大な駐輪場も市内の色々な場所に建設中です。

ポロクルもこの放置自転車問題を解決するための、手段の一つではないかとおもいます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ