札幌市が人気の理由とその取り組みについて

人気の札幌市

札幌市は、日経BP社が行っている「シティブランド・ランキング -住んでみたい自治体編-」で1位になっています。

引用:日経BP者 2016年

全国の都市の中でトップとは、とてもうれしいことです。

札幌市は、日本の最北端の政令指定都市で、全国の市の中で5番目の人口です。

東京23区(ほぼ900万人)、横浜市(350万人超)大阪市と名古屋市が200万人超で、その次が札幌市で2018年10月1日現在で「1,965,940人」です。

北海道全体の人口の約3割強(約36%)を占めているといわれています。

人気の理由としては、梅雨がなく冬場の積雪量も比較的少なく過ごしやすいこと、自然観光が豊かであるということもあげられています。

引用:日経BP社

更に言えば、100万人以上の人口である世界の大都市の中で、年間6mもの降雪量がある都市は他にありません。

すごいぞ、札幌市!^^



人気を保つべく行っている(?)施策

そうはいっても、札幌市にも少子高齢化や人口減少問題等の避けられない問題も多々あります。

各都市で生き残りをかけた競争が激化しており、更なる発展と競争力の強化が求められています。

2030年のオリンピック招致についても「世界に通用するまちとして質や魅力の向上とブランド化が必要」といわれています。

そんな中で、札幌市が取り組んでいるものは以下が柱になると思われます。

まちづくり戦略ビジョン-計画的なまちづくり、人口減少による経済規模の縮小対策、エネルギー政策等

引用:まちづくり戦略ビジョン(中学生編)

簡単に勝手に要約すると・・

「札幌市としては、都市の骨格の整備とか再開発等をして、国際都市、観光・文化都市等にむけて努力をしていきます。

人口が減って高齢化するために経済縮小もあるだろうけど、考え方や価値観を転換していく時代がやってくるので、一緒にがんばっていきましょう。

低炭素社会やエネルギー転換を考えていくけど、札幌市は他の都市よりもエネルギーを使用する割合が高いので、市民の意識が大事です。

市民みんなで今後の札幌を支えていきましょう。」

という感じだと思われます。(これでいいいかは不明(><))

まとめ

札幌市は人気都市ですが、その陰には様々な取組をして努力をしていることが伺えます。

最近の再開発で建てられ始めているエネルギーセンターやどんどん長くなっていく地下歩道、都心に適宜に設けられている憩いのスペースや広場もすべて札幌市民への快適さや観光客への配慮のもと造られています。

札幌市民としは、それらの施策を誇らしく思い、一個人としては協力できることはしていきたいと思います。

人気NO.1の札幌市、ランキング1位も保ってほしいです^^

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ