札幌観光をアジアへPR-番組制作へ

札幌観光をアジアへPR

9月6日に発生した胆振東部地震により、海外からの観光客の渡航・宿泊のキャンセルが相次いでおり多大な影響がでています。

札幌市は、この状況を改善するためにメディアを活用して、札幌観光のPR番組を制作して各国で放送し、不安を払しょくして観光客を呼び戻そうと試みる様です。

札幌へいらっしゃる外国人観光客は8割から9割が、アジア諸国からの方々です。

引用:札幌市 平成29年度来札観光客数状況資料

番組制作と放送業務を委託するプロポーザルでは以下の様に決定しました。

韓国 ⇒ 北海道文化放送

台湾 ⇒ 札幌テレビ放送

香港 ⇒ 株式会社インサイト

大きなシェアを占めているこの3つの国からスタートする模様です。

1位は中国ですが、国土が広いし人数が多いから、難しいのかもしれないですね。

冬のイベントに向けて

札幌の冬の大きなイベントといえば、以下の2つです。

「さっぽろホワイトイルミネーション」(2018年11月22日から)

「さっぽろ雪まつり」(2019年2月4日から)

冬に日本を訪れる外国人観光客のお目当ての一つが「」です。

特に東南アジアなど雪が降らない地域の人たちにとっては、雪との触れあいは憧れであるようですよ。

旅行の中には非日常を求めているので、暑い場所で生活している人にとっては寒い場所の生活もそうですが「雪」は特に魅力的にうつるそうです。

そこをうまくアピールしてくれる番組を期待します。

過去の札幌観光PR番組

かつて北海道放送(HTB)が手がけた番組で「アジアに雪を」という番組がありました。

自然・紀行ドキュメンタリー番組として主に東南アジアのTV局から配信されていたそうです。

雪を見たこともなく、もちろん触ったこともない台湾やマレーシアの方々に「雪の北海道」をアピールできました。

その影響と口コミ等で、1995年当時に5万人だった台湾からの観光客は、2007年には30万人弱になったと言われています。

当時、放送を手掛けたHTBには北海道から感謝状が贈られています。

まとめ

観光客が減ってしまった札幌市も手をこまねいている訳ではなく、「ふっこう割」等の旅行割引をはじめ色々後対策を練っています。

少しずつ観光客は増えてきているものの、いつもの同じシーズンと比べるとやはりさみしい感じはあります。

これからは空気が澄んでくるので夜景もキレイですし、紅葉の時期にも入ってきます。

札幌は元気だよPR番組、いい影響があることを期待します。

関連記事↓

さっぽろホワイトイルミネーション2018の開催日決定!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ