サッポロファクトリー直結の空中歩廊は2019年3月開通予定

北4東6周辺再開発

サッポロファクトリーに近い場所にある北4条東6丁目は、第一工区と第二工区に分けて、再開発が進められています。

第一工区

★分譲マンションであるザ・タワーズフロンティア札幌 275戸

★札幌中央体育館ー愛称「北ガスアリーナ札幌46

★エネルギーセンター

分譲マンションは大和ハウス工業、住友不動産、大京3社による全国初の共同事業とのことです。

第二工区

★医療福祉施設

★健康増進施設

★駐車場

現在は第一工区の終盤です。

 

写真:2018年10月撮影-ザ・タワーズフロンティア札幌

来年7月竣工予定、10月入居開始予定

写真:2018年10月撮影 札幌中央体育館

来年4月オープン予定

空中歩廊の開通は2019年3月開通予定

そしてこの中央体育館からマンションを経由して、サッポロファクトリーまで空中歩廊で結ばれる予定です。

赤線の部分が空中歩廊です。

現在は白い囲いにおおわれています。

1階からも、2階の店舗からも出入りできそうです。

サッポロファクトリーに通じる出入り口については、利用時間に制限が設けられるとのこと。

雪が降っている期間こそ使いたいところですが、完成は来年の3月になる予定です。

まとめ

札幌市は緑化基準を10%としているのですが、この地区は30%まで緑化率を実現します。

心地よい緑に包まれ、美しい都市景観が調和した街区になるため、分譲マンションは首都圏からの購入も多いそうです。

21階建てのツインタワーマンションと商業施設であるサッポロファクトリーを結ぶ空中歩廊は利便性をあげ、マンションの価値もあげています。

一番高いお部屋は1億円とか・・・一般人には遠い夢です。

ただ、空中歩廊はどなたでも通れます^^

雪におおわれている期間が長い道民にとっては、とても魅力的なものです。

空中歩廊は、JR苗穂新駅にも採用されています。

地下を掘るのは莫大な費用が発生するので、利便性が高い札幌中心部では地下が採用されます。

その他の大きな再開発では空中歩廊を建設するというのが、だんだんスタンダードになっていっている気がします。

雪国ならではの再開発、おもしろいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ