南3西3千秋庵ビル跡地にホテルと商業施設-2019年末開業予定

千秋庵の店舗

南3西3にあった千秋庵製菓本店が2017年10月31日で閉店しました。

入居していた旧千秋庵製菓本店ビルは、築51年が経過して老朽化ため解体が決まったためです。

現在はすぐ近くの千秋庵別館に移転して営業中です。

あくまでも仮店舗として営業中なので、この後にできる商業施設に入ることが決まっているのだと思います。


新ビルの計画案は?!

旧ビルの解体工事が現在進行中ですが、今日みてきたところほぼ解体は完了している感じがしました。

9月1日から新ビルの建設が始まる予定で2019年12月開業予定です。

建築看板には、「ホテル、物販、飲食」となっています。

ホテルと千秋庵本店等が入る商業との複合施設の様ですね。

1階部分の外観は、現在の千秋庵ビルから外壁や装飾の一部を取り外して活用し、創業時の店舗を再現したデザインにする様です。

ちょっとモダンな建物になりそうで楽しみです。

千秋庵製菓が2021年に創業100周年を迎えることから、こういった話がまとまったと思われます。

2~13階はビジネスホテルで、ABアコモ(東京)が運営する予定です。

同じABアコモあ運営しているホテルが南2西5にあるラ・ジェントスティ札幌大通です。天然温泉がついたり、遊び心のある内装があったりと他のホテルとひと味違ったところが魅力です。

新しいビルにも他のホテルとはひと味違うホテルができるかもしれません。

引用:ラ・ジェントスティ札幌大通 ギャラリースペース

ツインやダブルを中心に約140室の予定で、1室20~25平方メートル程でちょっと広めの造りにする様です。

また、地下はいままでと同様で、さっぽろ地下街ポールタウンとつなげる方向で協議中。

イメージパース等はまだ公開されていないようですが、2018年9月にも着工予定です。

早く新しいビルの全ぼうが知りたいです。

大通公園からすすきのに向かう途中にある一等地の建て替えだけに、市民の注目度は高いと思います。

 

&

スポンサーリンク