札幌市中心部の再開発中・予定MAP・まとめ 2018年7月現在

札幌市の再開発予定MAP-2018年7月現在

2018年6月現在の札幌市内(中心部)の再開発MAPを作成してみました。

※クリックすると大きくなります

前回は1月に作成しましたが、その後、結構動きがありました。

☆北8西1-札幌駅北口

特定業務代行者募集をかけたところ、2018年4月20日の時点では手を挙げる業者がいませんでした。

29年前から話があがっているのに、またもや頓挫か?!

2021年竣工予定と言われていた50階建マンションは遅れる可能性大。

関連記事→北8西1再開発計画、また延期となるか?!

引用:札幌市

☆北5西1~北5西2-新幹線駅

今年の3月末に北海道新幹線札幌駅の位置が決まったことで、北5西1~北5西2の再開発案が検討されています。

現在のJR札幌駅からは距離はあるものの「拡張性のある広い場所」ということで現在は駐車場となっている北5西1~北5西2に新幹線ホーム建設が決定されました。

新幹線駅やホーム位置が決まったことにより、周辺のビルも建て替え等を検討し始めています。

関連記事→新幹線札幌駅は「大東案」で決定、駅周辺も再開発加速

☆北6東2~北6東4(札幌駅北東側)

札幌総合卸センターがあり、卸業者が多数ある地域です。

施設の老朽化により建て替えを北6東4にビル建設を決定しており、東2,3を売却する予定でいました。

2018年5月中旬に、三街区一体開発を行うと発表されました。

引用:北海道建設新聞

札幌駅に近い位置にあり、札幌市内の流通を担うこともあり札幌市が介入しての再開発となりそうです。

☆北4西3(札幌西武跡地)

長い間の更地期間を経て、やっと札幌西武跡地の開発が動きだしそうです。

北海道新幹線完成の工期に合わせて、2029年に商業ビルの完成を目標としている模様。

まだ、詳細は発表されていませんが、30階建の店舗、オフィス、ホテルが入るビルという案があがっています。

関連記事→北4西3札幌西武跡地の再開発-2029年には新ビル完成か!?

☆苗穂駅周辺

新苗穂駅開業が2018年11月17日と発表されました。

苗穂駅が現在の場所から300メートル移動し橋上化されることに伴い、新苗穂駅の北口(北5東10、11)と南口(北3東11)もマンションや商業施設や医療施設等の建設がはじまります。

引用:北海道建設新聞

関連記事→新苗穂駅開業は2018年11月17日に決定

近々には

北1西1創世スクエアの市民交流プラザのオープンが今年の10月とせまってます。

2020年には、北3西3の大同生命ビルが完成します。

札幌ファクトリー周辺では、直結のマンションタワーズフロンティアと中央体育館が2020年完成予定です。

まとめ

札幌駅周辺のみあげてみましたが、中島公園にはMICE施設の検討がはじまり、新さっぽろ駅周辺も再開発が進んでおり2022年完成予定です。

かつてこんなに札幌の再開発が活発だったことがあるのだろうか・・と思うくらいたくさんの案件があります。

やはり北海道新幹線の開業が2030年(短縮工期確定なら2029年)に合わせて、立て替えや工事が計画されている様に思えます。

更に2030年の冬季オリンピック招致が決まれば、もっと加速していくことでしょう。

関連記事↓

札幌市内再開発中案件-イメージ図等まとめ 2018年5月現在

札幌市中心部の再開発中・予定MAP・まとめ 2018年1月現在


まちづくりランキング

札幌市ランキング