さっぽろキャンドルナイト2018-21日はスローな夜を

さっぽろキャンドルナイト

「キャンドルナイト」は、夏至の日である6月21日の夜に電気を消してキャンドルのあかりを灯すことで自然環境や地球の将来などについて考えようというイベントです。

「世界中の人が優しい時を一緒にすごす 電気を消してスローな夜を」

がテーマです。

6月21日(木)20時から22時には、さっぽろテレビ塔や時計台をはじめ市内観光名所で消灯が行われます。

地球の環境活動を考えたり喚起するためのイベントではありますが、ライトダウンすることにより、幻想的な光につつまれ、スローな夜を過ごしてみるのも癒しにつながるのではないかと思います。

キャンドルナイトイベント

メインは21日ですが、6月7日~7月7日まで関連イベントがあり、今年は全部で58あるそうです。

キャンドルが彩る幻想的な空間でのコンサートや、環境に関するフォーラムをキャンドルの明かりの中で開催します。

主なイベントはこちら

・札幌市役所(北1西2) 18:00-20:30

竹あかりの中でコンサート(無料)

・ポールスター札幌(北4西6) 19:30-20:30

アコースティックコンサート(1杯目のドリンクは無料-定員50名)

・道庁赤レンガ庁舎庭 18:30-20:30

キャンドルの灯りの中で行う歌声ライブ(無料)

・アスティ45地下1階 19:00-21:00

キャンドルナイトフラ-ハワイアンカフェでフラを踊る

無料(飲食費は必要)

 

その他、多数の飲食店がライトダウンして営業しています。

いつものお店が、違う雰囲気になっています。

新たな魅力発見につながるかも^^

札幌キャンドルナイト2018公式ページ

21日にライトダウンする施設

・JRタワー 20:00-22:00

・テレビ塔  20:00-21:00

・道庁赤レンガ庁舎 終日

観光客の皆さんは、このイベントを知らないと不思議に思うかもしれませんが、いつもとは違う特別な夜景を観られたと思ってくださるとうれしいです。

引用:札幌市観光写真ライブラリー

キャンドル無料配布場所

私も今日、いただいてきました。

大通西3の「元気ショップ」にはもうありませんでしたが、大通情報ステーションにはまだありました。

シンプルですが、かわいらしいキャンドルです。

中には植物油を使用しているので通常より低温で燃焼することや、火についての注意もきちんと書かれています。

15回目のキャンドルナイト

自主停電運動にヒントを得て始まった「さっぽろキャンドルナイト」は今年で15年目になります。

環境省は地球温暖化防止のために、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施しており、キャンドルナイトにも連携しています。

全国に広まっているこの「キャンドルナイト」というイベントは、札幌では行政と民間が一緒に取り組んでいるという札幌独自のスタイルで行われています。

全国では夏至の日にライトダウンする施設は18,728施設もあるそうです。

「自然環境や地球温暖化について考えよう」とはなっていますが、

そんなこといっても・・という方いますよね(笑)

まぁ、とりあえず電気を消してキャンドルを灯して、いつもと違う夜を過ごすだけで地球環境の改善につながると思えば良いかと思います^^

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)