新さっぽろ駅周辺の再開発-2022年完成予定

現在の新さっぽろ駅周辺の様子

新さっぽろは、札幌市の副都心としてこれから更に大規模な再開発がされる予定の場所です。

新さっぽろ駅周辺にはたくさんの商業施設や公共施設、病院等があります。

これは昭和46 年(1971 年)に「厚別副都心地区 」として位置付けられ、商業・ 業務・ 文化・ 医療等の整備が計画的に進められてきた結果です。

引用:新さっぽろ駅周辺地区まちづくり計画の策定について

こうしてみると、公共の施設や教育施設、宿泊施設や商業施設、道路や公共交通網にいたるまで、とてもキレイに配置されているのがわかります。

これからの再開発事業

これから行われる再開発事業は、第三セクターである札幌副都心開発公社がすすめており、2019年秋頃から着工、2022年には完成する予定です。

※第三セクター-地方レベルにおける公共部門と民間営利企業との混合企業体

公募していた地域はこちらです。

引用:新さっぽろ駅周辺地区G・I街区公募提案審査委員会

G街区(市営住宅下野幌団地)
I街区(団地余剰地と駐車場)

公募にて決定したのは

G街区

教育・産学連携機能施設

・大学施設・・・・(文系学部)地上 6 階/12,176 ㎡
(看護学部) 地上 4 階/7,267 ㎡
・産学連携施設・・地上 2 階/1,392 ㎡

引用:新さっぽろ駅周辺地区G・I街区公募提案審査報告書

開業時期-平成 33 年(2021 年)4 月 予定

大学、多目的ホール、図書館機能等、学生が集まりやすいにぎわいの創出やコミュニティを期待しています。

ニュース等によると札幌学院大学と恵庭市の産業技術学園が新たな拠点として進出を検討している模様



I街区

商業・宿泊・住居・医療機能 です。

・商業施設・・・地上 5 階・地下 1 階/48,702 ㎡
・ホテル・・・・地上 13 階/13,068 ㎡
・集合住宅・・・地上 31 階・地下 1 階/29,296 ㎡

・医療施設・・・以下の4棟

(A)地上 6 階/9,227 ㎡
(B)地上 6 階/5,483 ㎡
(C)地上 5 階・地下 1 階/6,551 ㎡
(D)地上 7 階/8,176 ㎡

引用:新さっぽろ駅周辺地区G・I街区公募提案審査報告書

開業時期-平成 34 年(2022 年)4 月 予定

医療施設と宿泊施設を駅周辺に建てることにより、「医療ツーリズム」で長期滞在の旅行者を観光産業として期待がもたれている様です。

※医療ツーリズム-「医療サービスを受けることを目的として他国へ行くこと」

まとめ

提案によると大学、商業施設、ホテル、高層マンション、医療施設など10棟の施設群を建設する計画となっています。

病院や大学、高層マンションに商業施設等、生活に必要な機能が近接しておりコンパクトシティそのものですよね。

厚別区の人口は、札幌市の中では減少している区の中に含まれておりますが、この再開発により変わってくる可能性は大いにあります。

関連記事↓

新さっぽろ再開発ー詳細が明らかに!

札幌市の区別人口は分譲マンション供給と関係している?!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)