新苗穂駅開業は2018年11月17日に決定

苗穂駅が現在の場所から300メートル移動し橋上化されることに伴い、駅舎の他線路の上を行き来できる自由通路も建築中です。

引用:札幌市

開業日は苗穂駅と自由通路が同時で、今年の11月17日と決定されました。

引用:北海道新聞

自由通路は、線路上を南北に行き来でき約130メートルあります。

 

★新苗穂駅北口(北5条東10、11丁目)

引用:マイナビニュース 新苗穂駅北口

 

北口側は、先日、高層マンションが建設されると発表されました。

札幌ガーデンパーク側・アリオ札幌側です。

引用:札幌市

2021年(平成33年)竣工予定です。

 

★新苗穂駅南口

引用:マイナビニュース 新苗穂駅南口

 

2020年(平成32年)竣工予定

 

南北に高層マンションや商業施設ができることにより、JRの乗車人数にも大きく影響してくると思います。

北口のタワーマンション建設にJR北海道が参入してきたのもうなづけます。

琴似駅の乗車人数 11,677人

桑園駅の乗車人数 10,295人

苗穂駅の乗車人数 4,097人

(一日平均の乗車人数ー2016年)

大きく変わっていく新苗穂駅周辺は、目がはなせません。

札幌市ランキング

 

関連記事↓

新苗穂駅北口の分譲マンションからJR北海道が分譲マンション事業に参入

北3東11~北5東10新苗穂駅現況 2018年4月現在

新苗穂駅建設の現況 2018年2月現在

北3東11再開発地区(新苗穂駅周辺)2018年1月

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)