北8西1再開発計画、また延期となるか?!

特定業務代行者の応募ゼロ

札幌市北区北8西1の再開発、札幌駅北口の第一合同庁舎周辺のことを指します。

再開発の話がでてきたのは29年前。

当初の都市計画から二転三転していますが、やっと特定業務代行者募集までこぎつけたものの今月20日までの締め切りに応募はゼロだった模様です。

応募要項には大手ゼネコンを想定していた模様です。

でも、その大手ゼネコンが総事業費482億円で利益が見込めないと判断したのであれば、また計画の見直しが必要になります。

ひそかに2021年竣工予定と言われていた50階建マンションを楽しみにしていました。

だって、JRタワーの高さ173mを超える高さですよ!(見るだけですけどね)

引用:日刊建設工業新聞記事

計画変更

2014年(平成26年)の都市計画では事業への参画を予定していた医療・福祉施設の事業者が、建築費の高騰等を理由に平成27年に撤退を表明したため、医療・福祉施設から宿泊・業務施設に変更になりました。

また、隣の区域の九条小学校の保護者を対象とした説明会で日影問題で指摘され、高さ180mの高層マンション2棟を1棟に縮小、マンション販売戸数も当初の900戸から600戸に減らすことになりました。

3度目の計画変更で決まったホテル棟とオフィス棟を建設することでようやく再開発計画が動き始めたところでした。

ホテルは、スターツコーポレーションで客室数は約300室。

オフィス棟は、大和リースが参加予定と決まっている所です。

今の所決まっている計画は↑

 

特定業務代行者を決めて、既存施設解体、工事に着手する見通しでしたが、決まらなかったということは延期もしくは計画見直しになるのだと思われます。

今後どうなるの?!

もしくは計画はこのままで、マンション販売価格やホテル賃料などの引き上げを検討、地権者への負担を増やすかですね。

そうしたらまた反対されそうな雰囲気・・。

せっかく動きだした再開発ですが、30年目に突入してしまう感じ。

まだ時間がかかりそうな雲行きになってきました。


まちづくりランキング

札幌市ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)