さっぽろテレビ塔からの挑戦状とは

札幌テレビ塔は1956年に高さ147.2メートルの塔が完成し、NHK札幌放送局が総合テレビの放送電波を送信しはじめました。

-以下は私が気になった部分のみ歴史を抜粋-

1957年に展望台と3階にプラネタリウムがオープン(プラネタリウムは1963年に業務廃止)

1961年 日本で初めての電光時計を設置

1971年 札幌地下街オーロラタウンとテレビ塔地下西側が直結

1976年 とうきび販売開始♪

2002年 全面リニューアル、キャラクターの「テレビ父さん」発表

2006年 電光時計がLEDになり、イルミネーションを設置しました

2010年 日本夜景遺産に認定

 

1961年設置された電光時計は、松下電器産業(現・パナソニック)の寄贈で経営の神様といわれている松下幸之助さんが、「時計を付ければ必ず見てくれる」と発案し実現したそうです。

知らなかった~!

またプラネタリウムと地下一階に映画劇場があったようですがこちらは廃止されています。

 

 

2007年に新テレビ塔の構想があったようです。

50周年を迎え、老朽化していることから高さ650mの新しい塔へ立て替えが検討されました。

当時は650mなんて夢のような話と言う方もいましたが、関係者や専門家による委員会を組織し、検討し基本構想をまとめていました。

市内が一望できる新たな観光拠点にする地上50階までをビルにして、その上にタワーと展望台を設置する計画だったそうです。(東京スカイツリーが634m)

結局、運営していた当時の「北海道観光事業」の売上不振や社員による着服事件が相次いで資金調達のめどが立たず中止になりました。

もしもこの新テレビ塔が完成していたら、また札幌の風景もかわっていたかもしれないですね。

 

 

映画撮影にも使われています。

『ゴジラvsキングギドラ』『ゴジラvsスペースゴジラ』『ガメラ2 レギオン襲来』『最終兵器彼女』

見たことは無いけれど、壊される系ですかね(笑)

 

そしてキャラクターについてなのですが、今回初めて知ったのは、

左:非公式キャラクターの「テレビ父さん」

右:公式キャラクターの「タワッキー」

テレビ父さんは、非公式なんですね!非公式キャラクターを前面に出しているって不思議(笑)

タワッキーも知りませんでした。

 

引用:テレビ塔公式ページ

 

テレビ塔の入場は3階までは無料です。

展望台へ行く場合は、3階のチケット売り場で以下の料金で購入できます。

一般料金 団体料金(15名以上)
大人 720円 550円
高校生 600円 400円
中学生 400円 300円
小学生 300円 200円
幼児(3歳以上) 100円 100円

でも、今なら以下のweb割引のページを印刷してもっていけば10%オフです。
日本新3大夜景記念!Web割引
チケットの種類も色々ありユニークなんです。

上記の一般チケットの他に、

・昼・夜の2度入れるチケット 大人1,100円、高校生800円、中学生600円、小学生400円

・「札幌市時計台」と「さっぽろテレビ塔」共通入場券→ 大人800円

特だねチケット(Aコース2300円とBコース1350円)

札幌の観光名所の中から何カ所か選んで入場できるチケットです。

 

更に今なら60周年を記念して「テレビ塔からの60の挑戦状」というイベントがやっています、

「これができたら展望入場料10%オフ」~「これができたら展望入場料無料!!」まであります!

例えば

・「1階から階段であがってきたら10%オフ」

・「テレビ塔のものまねができたら20%オフ」

・「グループ全員の年齢を足すと60歳だと50%オフ」

・「身長が147cmだと無料」

etc.

自己申告でもいいものもあるので、ぜひのぞいてみて該当するものを見つけてからテレビ塔の展望台にのぼってくださいね^^

 


まちづくりランキング

札幌市ランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)