西区宮の沢ー白い恋人パーク

北海道のお菓子と言えばかならず名前があがる「白い恋人」ですが、製造会社は石屋製菓といいます。

その石屋製菓が1995年(平成7年)にイシヤ・チョコレートファクトリー(白い恋人パーク)をオープンしました。

2007年に「賞味期限改ざん問題」や「大腸菌群と黄色ブドウ球菌が検出」された時は行政処分を受け一度閉鎖したものの、翌年には営業を再開しました。

 

白い恋人パークは2015年には20週年を迎え、現在ではいつ行っても観光客が列をなしている知名度のある施設になりました。

なんといってもこのヨーロッパ調のお城が目を引きます。

白い恋人の工場見学ができるのはもちろんですが、お菓子作りができることや夏は花畑がキレイだったり冬はイルミネーションやプロジェクションマッピング等様々な催しがあることからリピーターも多い様です。

 

我が家も子供たちのお菓子作りで、年に1度くらいは行きます。

お家で作ると掃除が大変なので活用させてもらってます。

型抜きクッキーの他にも、14cmの大きさのハート型の白い恋人を作ったりお絵かきクッキーが体験できます。

いつも混んでいるので予約した方が確実です。

 

今時期ですと、イルミネーションがやはりキレイです。

11月のはじめから始まり、今年は2018年3月25日 まで見られます。

16:30~19:30ですが、もう16:30だと明るくなってきたので少し遅めにいけばキレイなイルミネーションが見られます。

引用:白い恋人パーク公式ページ

 

「白い恋人」工場の製造ラインをリニューアル工事するらしく、工場見学は4月から2ヶ月ほどお休みする様なのでご注意ください。

【白い恋人製造ライン移設工事及びリニューアル工事のお知らせ】

期間:2018年4月1日(日)~2019年5月末日(予定)

入館はできるけど、工場見学はできない様です。

 

ちなみに「白い恋人」ももちろん美味しいのですが、「美冬」もオススメです。

ミルフィーユの美冬(ミフユ)覚えやすいでしょ~

夏だと溶けやすいので今のうちに試してみてください。

ホワイトデーにもいいかも。

 

今回は建物と言うよりお菓子中心の話題になってしまいました(><)


まちづくりランキング

札幌市ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)