さっぽろ雪まつり大通会場-準備中 2018年1月17日現在

さっぽろ雪まつりは今回で65回目となるそうで、事業費は2億2900万(実行委員会でのみの経費)とのこと。

そして経済効果は関節効果も含めると419億とか(@@)

大きすぎてピンときませんが、200万人も訪れる国際的なイベントなのでかなりの経済効果があることは確かですね。

 

1月7日から雪の輸送を行っているようです。

雪の輸送車は朝や昼はみかけないので、夜作業なのかもしれないですね。

他の場所から採雪してきて、雪を積んでいっています。

土台作りが重要ですよね。

足場が組んであり一般人は立ち入り禁止区域が多いです。

写真:今朝の大通西3丁目の様子

札幌は寒くなったり、雪が溶けるくらいのプラス気温になったりなので、雪像、氷像つくる人たちは雪の量を調整するのが、たいへんでしょうね。

 

写真:第58回のさっぽろ雪まつりより

 

今年も楽しみにしています♪


札幌市ランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)