旧ほくおうサービス 倒産後の本社施設

今年の夏に、負債総額43億3400万円で倒産した介護施設の「ほくおうサービス」の本社ビルです。

今は「ライフシップ琴似」となっていました。

調べてみると持ち主はライフデザイン株式会社、社長は前ほくおうサービスの専務だった方?(すみません詳細はわかりません・・)

こちらの建物は新しい会社に継承されなかったうちの1つの様です。

ここの入居者の方は入居を継続できたのかな。。

お年寄りやそのご家族が、老後を過ごすために満をきして入居した施設が持ち主がかわったから急な強制退去とはひどい話ですよね。

 

ほくおうサービス破産後は、福岡市の「株式会社創生事業団」が道内23施設を継承する予定でしたが、8施設に関しては事業を継承しない方針をかため約340名の入居者とそこで働く従業員を露頭に迷う結果となりました。

介護事業は需要があると思いますが、働く人が働きに見合う収入をえていないのに介護報酬が引き下げられたあとも、新しい施設をどんどん建設していたようなので、この会社は大丈夫なのかなと思っていました。

介護職員はもちろん栄養士や事務の求人がいつもでているイメージです。

職員の方も施設がなくなることにより、再就職をしなくてはならず、ハローワークも「地域大量雇用変動等対策本部」を設置して再就職支援対策を行っていました。

 

入居されていた方も従業員の方も年末年始を楽しく過ごされているといいのですが・・。

 


札幌市ランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)