西2丁目地下歩道延伸工事について 2018年2月現在

北1西1の創世スクエア竣工に合わせて、西2丁目の地下歩道も新設するというお話がかなり前からありました。

地図でいうと下記の赤い部分です。

青丸がついている地下部分がこちらの写真です。

この西2丁目地下道の躯体(骨組みや基礎)自体は1987年にはもうあったそうです。

完成後、未利用だったのですが今回27年ぶりに活用の目途が立ちました。

そして、再開発ビル(創世スクエア)の竣工にあわせて開放しようと、近隣ビルの出入り口や幅の拡張工事をすすめている模様。

工事標識をみると工事期間が、平成30年6月15日までとなっています。

 

地下で接続予定の創世スクエアのオープンは下の様にバラバラです。

平成30年4月に24時間駐車可能な地下駐車場がオープン予定。パーク24

平成30年5月よりオフィスの入居開始

平成30年10月7日に札幌市民交流プラザがオープン

札幌創成スクエアのグランドオープンは平成30年10月上旬

竣工予定時期を平成30年3月末から平成30年5月末に変更した模様です。

 

駐車場オープンが4月。

5月よりオフィスの入居開始となると、ここでもう通勤する方がでてきます。

6月15日はビルが竣工してすぐなので、これにあわせていくのかもしれないですね。

出典:札幌市

 

直接地下でつながるのは、「再開発ビル」の他「市役所」と商工会議所等が入る「北海道経済センタービル」です。

札幌市役所の接続口にはエレベーターが設置予定なので、ベビーカーや車いすの方も、雪が降っていても地下から直接いけるので便利になりますよね。

「わくわくホリデーホール」は地下接続はないようですが出入り口が目の前にあります。

 

 

また、1年程前の記事ですが、北海道新聞にはこのようにのっていました。

出典:北海道新聞記事2018年12月31日

延伸を検討するのは、

①西2丁目線地下の北1―北3の約260メートル

②JR札幌駅北口周辺の約300メートル

③地下鉄南北線すすきの駅、東豊線豊水すすきの駅周辺の約420メートル

全区間延伸すると1周約3.8キロのループ化が実現。

 

地下歩道が3.8キロってすごいですよね!!(@@;)

札幌市が地下歩道を延伸するのは、

「地下歩行ネットワークを整備、回遊性を高めるともに歩行者や施設利用者の安全性、公共交通機関とのアクセス向上を図るため」とのことです。

東京オリンピックの2020年まであと2年、新幹線開通の2030年までにはあと12年ありますから、この地下歩道延伸は現実味はありますね^^

 

関連記事↓

北1西1さっぽろ創世スクエア完成-イメージ図等、地下街直結はまだ?!


まちづくりランキング

札幌市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)